副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

なぜ、サラリーマンは頑張っても給料が上がらないのか?

2017年4月21日 人気オススメ記事, 社長のお金話

Pocket

From:中村洸一
(@沖縄の自宅書斎より・・・)

あなたは、、、
「不思議」に思ったことはありませんか?

なぜ、真面目に頑張っても、
「サラリーマンは給料が上がらないのか」を。

私は今でこそ脱サラして、
自分の会社の社長をやってますが、
それまでは8年間に渡って、
サラリーマン生活を送っていました。

そして、あの当時の私は、
こんな疑問を常に抱いていました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なんで頑張って働いているのに、
思うように給料が上がっていかないのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は社長の世界を4年経験し、
サラリーマンの世界を8年経験しているので、
どっち側の世界もよく知ってます。

そんな両世界の経験を元に、
今日はサラリーマン世界に潜んでいる、
「頑張っても給料が上がらない秘密」について、
私の見解をお伝えしたいと思います。

今、この秘密を知るか知らないかで、
今後の人生が大きく変わる可能性があるので、
是非、知っておいて欲しいのですが、、、

サラリーマンとして頑張っても、
思うように給料が上がっていかない理由は、
主に次の2つだと私は思ってます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■頑張っても給料が上がらない理由1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
働いている会社が「儲かっていない」から、
従業員への給料を出し渋っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは悲しい現実だと思いますが、
自分が頑張って働いている会社自体が、
儲かっていない(利益が無い)ので、
給料を出し渋っているケースです。

その会社の経営者の立場になって考えてみると、
「従業員への給料を出し渋りたい」と思う気持ちは、
よく分かると思いませんか?

そもそも会社に利益が残っていないので、
従業員に給料を多く出してしまうと、
会社の経営状態が確実に危なくなります。

そんな危ない状態を続けていけば、
「倒産」してしまう末路を迎える訳なので、
従業員に支払う給料というコストの部分を、
「抑えていきたい!」と考えるケースが出てきます。

これが1つ目の原因なのですが、
次に考えられる2つ目の原因がこちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■頑張っても給料が上がらない理由2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
働いている会社は「儲かっている」のに、
従業員への給料を出し渋っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは理不尽に聞こえるかもしれませんが、
「きれいごと無し」で言っている真実です。

儲かっている会社の経営者には、
従業員への給料を出来る限り抑えて、
会社の収益性を伸ばそうと考えている、
「ずる賢い方針」で経営するケースがあります。

ただ、これを「100%悪」だと決めつける前に、
一度、胸に手を当てて想像してみてください。

あなたが会社を経営していたとして、
その会社に少ない給料で頑張って働いてくれて、
「大きな利益」を運んでくれる従業員がいる。

そんな「生産性の高い従業員」が、
文句も言わずに働いてくれるとしたら、
あなたはどう思いますか?

正直な話、、、
誠実で真面目な経営者だったら、
「会社の利益を還元する」という気持ちで、
その従業員の給料を上げると思います。

が、しかし・・・

もし「ずる賢い経営者」だったら、
「会社の利益を還元せず」に、
その従業員の給料を上げないと思います。

つまり、人それぞれ価値観が違うので、
世の中には「この2通りの経営者」がいる訳です。

もし自分が働いている会社のトップが、
「後者」の「ずる賢い経営者」だったら、
頑張っても給料が上がらない原因が、
明確に理解できるはずです。

また、最近は昔と比べてみても、
「労働形態」が大きく変わってきています。

昔は「正社員」として雇用され、
その会社で長く働くケースが多かったですが、
今は「非正規」として雇用されて、
使い捨て状態で働かされるケースが増えてます。

ボーナスも昇給も無い状態で働いてくれる、
契約社員や派遣社員を雇用する事で、
会社としても「人件費」が抑えられて、
そのお陰で収益を伸ばす事ができてしまいます。

厚生労働省が正式に発表しているデータでは、
すでに「非正規雇用」の割合が、
全体の40%を超えている事が明らかになっています。

非正規雇用者のデータ

※「厚生労働省の就業形態調査結果「nippon.com掲載」

この勢いのまま進んでしまうと、
正社員よりも「非正規雇用」の割合の方が、
圧倒的に多い状態になってしまいます。

この時代の流れを考えてみても、
人件費の安い「非正規雇用」を使って、
「利益追求」を図っている会社が、
どんどん増えているのが現実です。

そんな状態だからこそ、
頑張っても給料が上がらないサラリーマンが、
この日本に急増しまくっている訳です。

もし今のあなたがサラリーマンで、
毎日会社の為に真面目に働いていたとしたら、
今回お伝えした内容は「残酷な話」かもしれません。

でも、この現実を知るか知らないかで、
「未来を明るい方向に変えられる」という思考を持ち、
ポジティブに考えて欲しいと私は思ってます。

「きれいごと無し」でお伝えしますが、
「頑張っても給料が上がらない」と思うのなら、
給料が上がらない以下の「2つの理由」を、
目を背けずに理解する事が大切です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■頑張っても給料が上がらない理由1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
働いている会社が「儲かっていない」から、
従業員への給料を出し渋っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■頑張っても給料が上がらない理由2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
働いている会社は「儲かっている」のに、
従業員への給料を出し渋っている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この2つの現実を知ると、
きっとあなたはこう感じると思います。

――――――――――――――――――
サラリーマンは理不尽に耐えて、
「労働力を搾取されるだけ」なのか?
――――――――――――――――――

こんな疑問への見解を、
私が「きれいごと無し」で言うならば、、、

その可能性は【極めて高い!】です。

つまり、、、
どんなに真面目に頑張ったとしても、
「思うように給料が上がっていかない状況」が、
この先も延々と続く可能性が高いという事。

ただ、だからと言って、
「労働力を搾取されるだけの理不尽な状態」を、
「解決する事はできないのか?」と言うと、
決してそんな事はありません。

一番確実な解決策としては、、、

その会社から「逃げる事」です。

「逃げる」という言葉を聞くと、
ネガティブなイメージがあるかもしれません。

でも、これは悪い事でも何でもなく、
あなたの未来を明るくする為に必要な、
素晴らしい選択だと私は思ってます。

この「会社から逃げる」というのは、
「会社を辞める」という事になり、
「また別の働き場所に行く」という意味です。

今の会社から逃げて、
もっと環境が良さそうな会社に、
転職するのも一つの選択肢です。

あなたの能力を正統に評価してくれて、
もっと良い給料を払ってくれる会社に行けば、
今よりも未来を明るくする事ができるでしょう。

ただ、ここで注意すべき点があります。
先程もお伝えしましたが・・・

もし転職した会社のトップが、
「ずる賢い経営者」だったとしたら、
「会社の利益を還元せず」に、
良い給料を払ってくれないと思います。

なので、そんな会社に当たってしまったら、
また「今と変わらないフラストレーション」を抱えて、
もっと給料が良さそうな会社を探し続けて、
ひたすら転職を繰り返すしかありません。

そうこうしている内に、
年齢もどんどん上がっていくので、
良い待遇で転職できる確率も、
年齢の増加とともに低くなります。

そのリスクを考えてみると、
私個人的な見解としては、
転職はあまりオススメできません。

一体何が「一番の解決策」になるのか?

その答えを真剣に突き詰めていくと、
私が胸を張って堂々とオススメできるのは・・・
この「たった一つの解決策だけ」です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1台のPCでWebビジネスを行い、
誰にも雇われずに「社長」になる事!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正直、理不尽なサラリーマンを8年やって、
社長の世界を4年やってきた私が、
堂々と胸を張ってオススメできるのは、
この選択肢しかありません。

誰にも雇われない「社長」になれば、
頑張ったら頑張った分の「利益」を、
好きなだけ「自分に還元」できるからです。

つまり、、、
頑張りを自分自身で正統に評価できて、
「自分が満足できるレベルのお金」を、
確実に手に入れる事ができる訳です。

また、一般的なイメージとして、
「社長になる!」という言葉を聞くと、
とてつもなく難しく思うかもしれません。

でも実際には、
「簡単」に社長になる事ができます。

なぜなら、、、
今の時代はネットが普及した事によって、
「PC一台だけ」で手軽にビジネスができ、
たった一人で大金を稼ぐ事が可能だからです。

事実、今の私が社長になれているのも、
サラリーマン時代に副業という形で、
こっそりと「PC一台だけ」でビジネスを行い、
たった一人で大金を稼げたからです。

仮にこれがリアルビジネスを選択し、
飲食店などで社長を目指していたら、
「社長」になるという目標が叶わずに、
間違いなく「失敗」に終わっていたでしょう。

なぜなら、、、
当時サラリーマンだった私には、
ビジネススキルの知識はもちろん、
軍資金すら全く無かったからです。

そんな状態でビジネスを行なう訳なので、
銀行が「信用のない私」に対して、
軍資金を貸してくれる訳もありません。

だからこそ、、、
飲食店を開業しようとしても、
「準備の段階」で失敗してしまい、
社長への道も確実にゲームオーバーです。

でも、PC一台でビジネスをすれば、
銀行融資の軍資金も必要ないので、
「リスク」というものがありません。

さらにインターネットを使ったビジネスは、
まだまだ世間に認知されていないので、
他のリアルビジネスの実践者に比べて、
「ライバルの数」が圧倒的に少ないです。

つまり、、、
他のリアルビジネスで成功する道に比べて・・・

「難易度」が圧倒的に低いという事。

この2つの要素があったからこそ、
ビジネススキルも資金も無かった私でも、
こうやって社長になる事ができました。

そう考えてみると、
いち早くこの選択肢を見つける事ができて、
めちゃくちゃラッキーだったと思いますが、、、

私と同じような選択肢に進むと、
今からでも十分にチャンスはありますので、
「給料が上がらない状態」を改善したい場合は、
この選択肢が一番オススメです。

「会社の利益が増える事」を願い、
「会社の経営方針が変わる事」を祈り、
「理不尽な会社」で延々と働き続ける。

そんな選択肢で我慢に耐えながら、
「給料が上がる日」を待ち続ける事よりも、
1台のPCでWebビジネスを副業から行い、
「誰にも雇われずに社長になる」という選択肢を持つ。

この選択肢を加えていく事で、
あなたが本当に望んでいる「理想の人生」が、
もっと早く手に入ると私は思います。

サイン

「追伸」
先日、社長仲間7名との飲み会で、
面白いイタリアンバーに行ってきました。

この店の何が面白いのかと言うと、
本格イタリアンを打ち出しているのに、
「パスタ」を一切やっていない事です。

オープンカウンターから見える職人が、
一生懸命に生地から伸ばして作り上げている、
「たった2種類のピザ」がメインメニューです。

他のメニューで用意されているのは、
ちょこちょこつまむ程度のボリュームしかない、
「軽~い前菜」くらいだったのですが、、、

みんなで一杯目のビールを乾杯し、
すぐにメインのピザを注文しようとすると、
店の奥から頑固そうな店長さんが登場し、
我々の席に向かってこう言いました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先に前菜から食べてください!
その後にメインでピザを出します!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お~~~!きたきたきた~♪
なんか面白くなりそうな予感が!
(中村の心の声)

この職人感バリバリの雰囲気、
めちゃくちゃ好きですよ~!
(中村の心の声)

そんな事を心に思いながら、
メインのピザに行く前に、
前菜をちょこちょこつまみながら、
目の前のビールを飲み進めました。

お洒落なイタリアン1

お洒落なイタリアン2

お洒落なイタリアン3

と、ここで前菜にも関わらず、
「ただものじゃないオーラー」をかもし出している、
1,200円のブロッコリーが登場!!!

お洒落なイタリアン4

私の今までの経験を振り返ってみると、
1,200円でブロッコリーを食べる機会は、
今回が初めてだったのでワクワクしました(笑)
(お味の方もパンチが効いてましたね!)

そして1,200円のブロッコリーを食べ終え、
ボルテージが最高潮に達した状態で、
満を持してメインのピザが登場!!!

お洒落なイタリアン6

お洒落なイタリアン7

ん~~~~~めちゃくちゃ美味しい!!!

なんか他の店で食べるピザと違って、
味わい深い美味しさがグイグイ来る感じ!!!

【なぜ、こんなにも美味しく感じるのか?】

その部分を冷静に考えてみたのですが、
きっと「お店側のこだわり」によって、
「じらされた状態」で食べたからだと思います。

ドラマや漫画等でもそうですが、
最初から「全貌が分かる」ような状態よりも、
連続性のある「じらし」がちょいちょい入る事で、
「面白さ」がよりパワーアップしていきます。

今回のピザの場合も、
この「じらし効果」が入った事で、
余計に美味しさが倍増したのだと思います。
(これも店長のマーケティング戦術なのか!?)

この「じらしテクニック」というのは、
PC一台で実践するWebビジネスの世界でも、
収入アップに効果的な手法になるので、
是非、参考にしてみてくださいね。

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る