副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

夫婦仲を修復して幸せな家庭を築く「1番確実な方法」とは?

投稿日:2017年4月26日(更新日:2023年3月11日) 人気オススメ記事, 起業

Pocket

From:中村洸一
(@沖縄の自宅書斎より・・・)

男は仕事のために 「家族を犠牲」にしてはならない。

これはアメリカの偉大な実業家として知られる、あのウォルト・ディズニーの格言です。

「仕事」を最優先にするのではなく、「家族」を最優先にするという意味がこの格言に含まれていると思いますが、あなたの現状はどうでしょうか?

日々の仕事に忙しく追われて家族との時間を犠牲にしていませんか?

実際問題、日本は海外の人達から見ても「働き過ぎの国」だと言われております。

特にサラリーマンの場合は、「残業」が当たり前のように行なわれ、会社に長い時間を拘束される。

そんな光景が珍しくないのが日本です。

かなり不名誉な事ですが、働き過ぎによる「過労死」という言葉が「KAROSHI」という英語になって、日本発祥で海外に輸出されている程です。

つまり、世界全体から見ても「日本人の働き過ぎ」のイメージが指摘されているのが悲しい現実です。

実際に私自身も社長になる前にサラリーマンを8年やっていましたが、その当時は「残業」のオンパレードでした。

朝の9時に会社に出社して定時の18時を過ぎても仕事が終わらず、深夜0時過ぎまで延々と働き続ける・・・。

そんな生活が当たり前で、体が起きている「一日のほとんどの時間」を会社に拘束されている状態でした。

それでも奥さんと子供2人を養う為に必死になって毎日働き続けました。

その結果・・・

ある「大きな問題」に直面しました。

その問題とは、、、

「夫婦仲」と「家庭環境」の悪化です。

夫婦中の修復1

サラリーマンとして働いていた私は家族を守る為に必死で会社で働いている。

でも、その仕事のせいで家族と過ごす時間が少なくなり、家庭の事を全て奥さんに任せる形になりました。

それが原因となり、奥さんとの夫婦仲が悪化してしまい、さらに子供達とのコミュニケーション不足により、家庭環境がどんどん悪化してしまいました。

家族の為に必死に頑張っているのに家庭環境がどんどん悪化していく・・・。

悪循環のスパイラル

そんな悪循環のスパイラルに陥り、理想としていた「幸せな家庭の光景」が目の前からどんどん遠ざかっていきました。

この嫌な経験があるからこそ・・・

過去の私のように仕事のせいで家族を犠牲にしてしまい、夫婦仲が悪化しているサラリーマンの人達が少しでも減って欲しいと願ってます。

そういう想いを込めて今回お伝えするのは、仕事のせいで家族を犠牲にする事なく夫婦仲を修復して幸せな家庭を築けるようになる、、、

この世で「一番確実な方法」です。

あなたが今、どんな状態だったとしてもこれは一番効果的な解決法になると思いますので参考にして欲しいと思います。

それでは早速行きますが・・・

夫婦仲を修復して幸せな家庭を築けるようになる、この世で「一番確実な方法」。

その方法はズバリ・・・!!!

「時間とお金」を増やす事です!

正直、これが一番だと思いますし、これ以上に「確実な方法」はありません。

まず、そもそもの話として夫婦仲が悪化してしまう原因は、忙しい仕事に追われてしまう事で家族と過ごす時間が少なくなるからです。

この家族とのコミュニケーションの時間を忙しい仕事のせいで犠牲にしてしまうと、日常生活で必要になる「様々な家庭の役割」を奥さんに任せる形になってしまいます。

その結果、、、
奥さんのストレスを増やしてしまいます。

実際問題、、、
日常生活で必要になる「様々な家庭の役割」には「たくさんの労力」が発生するものばかりです。

■子育てや学校の教育問題

■毎日の炊事に掃除

■毎月の家計費のやりくり

などなど・・・。

これらは“氷山の一角”にしか過ぎませんが、日常生活で必要になる「様々な家庭の役割」には「たくさんの労力」が必要になります。

また、子育て中心の主婦の生活になると、独身の時よりも交友関係が少なくなってしまい、逃げ場の少ない閉塞感まで生まれてしまいます。

そんな状況の中で、家庭を維持していく為に必要なことを毎日続けていく事になる訳です。

正直、これはかなり労力が必要なことで、仕事よりも難易度が高いと私は思います。

実際に今の私も身に染みて体験していますが、息子達が小学校の時に宿題を教えるだけでも、めちゃくちゃ大きな労力がかかりました(泣)

宿題に集中してくれないし、言う事を聞いてくれないし、とにかく宿題が全然進まない・・・。

そんな状況で毎日宿題を教える訳なので、そりゃ、かなりの労力が必要なんです。

で、主婦はそんな事をやりながら、家事や炊事までやっている訳です。

正直、男の私には無理です!

家庭の事を全てやるなんて、想像しただけでゾッとします・・・(恐)

でも、主婦の人達は夫が仕事で家庭の事を犠牲にしている間に、それを当たり前のようにやっている訳です。

そう考えてみると、形的には・・・
「家庭の事を押し付けている」ように感じてしまい、夫への「フラストレーション」が生まれるはずです。

でも夫の方は家族を養うために会社でストレスを抱えて頑張ってるんです!

でも、その裏では家庭を維持するために奥さんもストレスを抱えて頑張ってるんです!!

結局、どっちも頑張ってるんです!!!

でも、どっちの苦労も分かってもらえない・・・。

そんな悪循環の毎日が続くからこそ、コミュニケーション不足を生み出し、夫婦仲が悪化していく訳です。

じゃ、一体どうすれば、夫婦仲を修復する事ができるのか?

それを実現する為の1つ目のステップとしては、家族とコミュニケーションを取る為に、、、

「時間」を増やしていく事です。

結局のところ、、、

家族と過ごす時間を増やさない限り「夫婦仲の修復」はどう考えても困難です。

仮に「会社での拘束時間」が長いのなら、もっと自由な時間を増やす為に「働く場所を変える」しかありません。

が、しかし・・・

この「時間面」だけを改善したとしても、もう一つの問題を解決しない限り、夫婦仲を修復する事はできません。

その「もう一つの問題」とは、、、

幸せな家庭にするための「お金」です。

正直な話、、、

働き場所を変えて「時間」を増やしたとしても家庭で使うための「お金」が少なかったら、いろんな問題に直面してしまいます。

生活費を切り詰めた毎日を送り、あらゆる場面で我慢を繰り返します。

子供の教育でもお金がかかりますし、家庭を維持していく為のコストとして、どうしてもお金が必要になってきます。

それを「少ないお金」でやりくりする事になると、毎月の家計費のやりくりをする奥さんとしては、また別のフラストレーションを抱える事になります。

赤字にならないように頭を酷使しながら、毎月の家計費のやりくりをする・・・。

この作業には「大きな労力」が必要です。

結局、この状況が続いていく事で「家計費の出所」となっている「夫の収入」に対して、ストレスを抱える状態になっていきます。

でも夫の方は家族との時間を作る為に、家庭を優先して頑張ってるんです!

でも、その裏では家庭を維持するために、奥さんもストレスを抱えて頑張ってるんです!!

結局、どっちも頑張ってるんです!!!

でも、どっちの苦労も分かってもらえない。

そんな「悪循環の毎日」が続くからこそ、またまたコミュニケーション不足を生み出し、夫婦仲が悪化していく訳です。

じゃ、一体どうすれば「ベストな形」で夫婦仲を修復する事ができるのか?

その一番ベストな修復ステップとしては、、、

「時間」と「お金」を増やす事です。

正直、これしか方法はありません。
なぜなら、、、

「時間」をたくさん増やしていけば、家族とのコミュニケーションがたくさん取れますし、「お金」をたくさん増やしていけば毎月の家計費に頭を抱える事がなくなるからです。

つまり、肝心な点としては、「お金」と「時間」の両方を増やさなければ夫婦仲を修復する事が困難になり、「幸せな家庭が築けない」という事。

結局、いくら「お金」があったとしても、仕事で家族との時間を犠牲にしてしまうと、家族とのコミュニケーションが不足して夫婦仲が悪化していく訳です。

また、いくら「時間」があったとしても、家庭で使えるお金が少なくなってしまったら、毎月の家計費に頭を抱える事になり、夫婦仲が悪化していく訳です。

だからこそ、、、
夫婦仲を修復して幸せな家庭を築くためには「時間」と「お金」の両方を増やす事が【一番確実な解決策になる訳です。

そして、この「時間」と「お金」の両部分を確実に増やせる「唯一の方法」があります。

その方法とは、、、

サラリーマンから脱出して社長になり、時間とお金をたくさん増やす事です!

これはサラリーマンだった私が実際に経験している事ですが、サラリーマンから脱出して社長になれば時間とお金をたくさん増やす事ができます。

その理由が2つあります。

まず1つ目の理由は、サラリーマンから脱出して社長になれば、誰かに雇われている「拘束制のサラリーマン」とは違い、使える時間を「自由にコントロール」できるからです。

次に2つ目の理由は、サラリーマンから脱出して社長になれば、誰かに雇われている「給料制のサラリーマン」とは違い、使えるお金を「上限無しで稼ぐ事」ができるからです。

この2つの理由があるからこそ、「自分自身の頑張り次第」で時間とお金を増やす事ができます。

実際問題、、、
サラリーマンから脱出して社長になれば、誰かに雇われているサラリーマンとは違って「月曜から金曜まで働く必要」がなくなります。

それこそ週に3日だけ働いて、残りの4日を休みにする事だって可能ですし、その労働時間だけで効率的に働けば、月100万円以上を稼ぐ事だって可能です。

正直、これだけのバランス感があれば、家族とのコミュニケーションが十分に取れますし、毎月の家計費に頭を抱える事も無くなるでしょう。

その結果、、、
一番確実に夫婦仲を修復する事ができ、幸せな家庭を築く事ができます。

幸せな家庭1

事実、私は8年間のサラリーマン生活で、仕事のせいで家族との時間を犠牲にしてしまい、夫婦仲を悪化させていましたが、、、

今はサラリーマンから脱出して社長になった事で、時間とお金を自由にコントロールできるようになり、夫婦仲を修復する事ができました。

そんな私の経験から振り返ると、、、

サラリーマンから脱出して社長になり、お金をたくさん稼ぐ事こそが、夫婦仲を修復して幸せな家庭を築ける、この世で「一番確実な方法」だと断言できます。

また、「社長になる!」という言葉を聞くと、果てしなく難しそうに感じるかもしれませんが、今の時代は「1台のPC」さえ持っていれば誰でも社長になれるチャンスがあります。

実際にサラリーマン時代の私も「資金・人脈・知識」が全然無かった状態から、副業として1台のPCでビジネスを行い、たった8ヶ月で社長になる事ができました。

こんな凡人の私でも社長になれたので、今、どんな状況のサラリーマンだったとしても、十分にチャンスがあると思ってます。

もし、今のあなたが仕事のせいで家族を犠牲にする事なく、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夫婦仲を修復して幸せな家庭を築きたい!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そう考えているなら・・・

1台のPCでリスクなくWebビジネスを行い、「自由な社長」を目指す事をオススメしますが、、、

まずはパソコン一台で社長になる為の「入門編」として、こちらの別記事を読んで頂ければと思います。

>>>【アフィリエイト収入の実態調査】最新2023年初心者向け鉄板教材とは?

この記事では私の本業でもあるアフィリエイトというWebビジネスで新しいお金と時間を生み出す為の方法を知る事ができますので「自由な社長」への第一歩としてお役立てください。

1台のPCで「自由な社長」になれば、誰かに雇われているサラリーマンとは違い、時間とお金をたくさん増やす事ができます。

その結果、、、

幸せな家庭を築く事ができるようになるので「一番確実な解決策」として参考にして頂けると幸いです。

サイン

Pocket

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後、「将来への夢と希望」を失った「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態からパソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで収益を安定的に伸ばし続けながら「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは息子二人の育児にも積極的に参加し、春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでもパソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」というファンタスティックなライフスタイルを実現する新たな個人を世に輩出する為、ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン1

お金持ちへの挑戦

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  1. 山城 より:

    いつ伺っても、勇気付けられるお話ですね。

    早く中村様のレベルまでなれるよう、頑張ルぞとの思いを強くします。 

    • 中村洸一 より:

      山城さんへ

      ありがとうございます!
      応援しておりますので頑張ってください。

      中村洸一

トップページに戻る