副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

「ワンランク上の環境」で成功を素早く手に入れるテクニック

2015年3月5日 Web作業術

Pocket

From:中村洸一
(@沖縄市の喫茶店より・・・)

「絶対、マイホームは危険!やめとけ!!」

その話をした時、私の周りは誰も賛成しなかった。
しかし、今では・・・

かれこれ4年前、当時28歳の私は、
貧乏サラリーマンだったにも関わらず、
思い切ってマイホームを購入した。

その当時は、貯金も少なく、
勤めている会社の将来性も、
かなり不安定な状態だった。

さらに、、、
Webビジネスに挑戦する前だったので、
副業で稼ぐ方法すらも、
何一つ知らない状態だった。

そんな状況下で、
私は35年ローンを組み、
思い切ってマイホームを購入した。

当時、私の周りにいる人全員に、
マイホーム購入を反対された。

親や友人や会社の同僚・・・
誰一人として、
心から購入を後押しする人はいなかった。

特に嫁はカンカンだった。

しかし、私は全ての反対を押し切り、
35年ローンでマイホーム購入を決断した。

なぜ私はここまでマイホームが欲しかったのか?

それは、、、
22歳で結婚してからずっと、
2LDKの超オンボロアパートで、
我慢して暮らしていたからだった。

家賃は激安の39,000円。

築35年、トイレとお風呂場が一緒で、
立地条件も悪く、光や風の入りも超悪い。

誰がどう見てもオンボロと感じるような、
めちゃくちゃ汚いアパートに住んでいた。

そんな環境で6年間暮らしていた私は、
“理想のマイホーム”を購入する事、
いつも夢見て、いつも憧れていた。

それと同時に、起業にも挑戦して、
“脱サラ”を果たし、
自分の会社の社長になる事にも憧れていた。

しかし、そうは心で思い続けても、
起業する為に、
具体的に何をしていいのかは全く不明。

つまり、野心はあるけど、
何もしていない、
何もかもが全く分からない状態だった。

そんな状況の中で、
私はマイホーム購入を決断した。

35年ローンという負債を抱え、
自分自身を追い込む事で、
嫌でも前向きに行動するなと感じ、
先行投資でマイホームを購入したのだ。

当然、動機が不透明なので、
嫁を筆頭に、
周囲の人間には反対されまくった。

しかし、、、

私は全ての雑音をシャットアウトした。

そして、マイホーム購入を決心した後は、
毎週末、デザイナーズマンションや家の、
建築お披露目会場に足を運び続けた。

いろんな家を見ているだけで、
臨場感が湧いてきて、
めちゃくちゃ興奮した。

まだ家を買ってもいないのに、
ワクワク感が半端ない状態だった。

頭の中で自分だけの“理想のマイホーム”を想像して、
めちゃくちゃ楽しかった。

そして、デザイナーズ家具のお店にも、
何度も何度も足を運んだ。

気に入った家具を目の前に、
素敵な家具に、毎日囲まれている光景を、
頭で想像しただけで、
テンションが上がりまくった。

次に、間取りの設計を考えた。

自分だけのオリジナルの空間作りは、
初体験で刺激的だった。

何度も何度も試行錯誤して、
こだわりの間取りが完成した。

いっちょまえに自分用の書斎まで勝手に作った。

何の副業をするのかも決まっていないのに、
とりあえず書斎作りには、
寝る間も惜しんでこだわった。

私が勝手に書斎を作ったせいで、
子供部屋や寝室、ベランダ等、
他の部屋のスペースが小さくなってしまった。

嫁はカンカンだった。

めちゃくちゃ謝った。。。

そんなこんなで、、、
遂にマイホームの工事が始まった。

暇さえあれば、、、
いつも現場見学に足を運んだ。

家の生活費を勝手に使って、
私は偉そうにドヤ顔をしながら、
工事現場の人に、
大量の飲み物とケーキを差し入れた。

嫁はカンカンだった。

まためちゃくちゃ謝った。。。

そんなこんなでマイホームが完成した。

引っ越しの際は、
仮病で会社を休んだ。

めちゃくちゃワクワクした。

そして遂に、、、
新居のマイホームに住み始めた。

本当に最高の気分だった。

それからの毎日は、
テンションが上がりまくった。

毎日の仕事もエネルギッシュに頑張れた。

それから1ヶ月が経過すると、
ローンの支払い明細書が届いた。

金額を事前に知っていたものの、
実際に届くと、
かなりの緊張感と不安が押し寄せた。

そこから私は、
起業の夢とローン返済の為に、

大きな野心を持って、
Webビジネスにチャレンジした。

そして1年もしない内に、
私は脱サラする事が出来た。

その結果、、、
毎日毎日、大好きなマイホームを満喫できる、
最高の生活を手に入れた。

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

この私の体験談の通り、
“住む場所”にお金を先行投資した事で、
私はとても大きなリターンを得られました。

「ワンランク上の家に住みなさい!」

このようなフレーズが、
ビジネス書にはよく書かれています。

ワンランク上の家に、
実際に足を踏み入れると、
その違いはすぐに分かります。

はじめは違和感を抱くかもしれませんが、
それこそが・・・

現状とのギャップです。

このギャップこそが、
自分自身を大きく成長させる、
強力なパワーになります。

暮らしやすい場所や、
住み心地が良い場所があるように、
行動力が増す場所もあります。

刺激的になれる。

モチベーションが上がる。

想像力が豊かになれる。

こういう場所に身を置く事で、
大きな化学反応が起こります。

住みたい場所を、
新たな目標として立てるのも、
とても素敵な事だと思いませんか?

新しい目標が増える事で、
“将来の楽しみ”が、
また一つ増えるのは確かです。

サイン

「追伸」
この強力なスキルを手に入れると、
“理想のマイホーム”の完成も近づきます。
くれぐれも悪用は厳禁ですが・・・

>>>悪用厳禁のスキルはこちら

Pocket

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小・中学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップページに戻る