副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

朝の早起きで人生が変わる!

2015年10月15日 Web作業術

Pocket

From:中村洸一
(@沖縄の自宅書斎より・・・)

あなたは、毎朝早起きをするだけで、
収入がアップするという事をご存知ですか?

事実、ビジネスの世界で、
成功し続けている人のほとんどは、
早起きを習慣化しています。

ディズニーのCEOで知られる、
ロバートアイガー氏は朝4時に起き、、、

さらにアップルのCEO、
ティム・クック氏は4時半に起き、、、

そしてナイキのCEO、
マーク・パーカー氏も5時に起きています。

なぜ、成功者はにこだわるのか?

それは、朝の貴重な時間こそ、
一日の中で最も生産性が高く、
超効率的に仕事ができるからです。

電話もメールも鳴りませんし、
飛び込みで誰かに邪魔される事もなく、
外の音もかなり静かです。

そんな状況なので、
一人で思いっきり仕事に集中できます。

これが日中の場合だと、
電話やメールに邪魔されたり、
飛び込みで誰かに邪魔されたり、
外の音も雑音でうるさくなります。

それに比べると、
朝の時間に仕事をするのは、
明らかに集中力がアップして、
生産性の高いパフォーマンスを発揮します。

つまり、、、
集中力がベストな朝のうちに、
効率的に仕事を行なう事で、
より収益アップに効果的になる訳です。

さらに朝をしっかりと使う事で、
一日が長く感じる“充実感”も得られるので、
心にも余裕が生まれます。

私自身も以前は、
とにかく夜型が大好きな人間でした。

特に起業したての頃は、
「毎日が日曜日みたいで最高だ~!」と、
毎日好きな時間に起きれる事に興奮し、
テンションが上がりまくっていた事で、、、

毎日、毎晩5時くらいまで遊びまくり、
ダラダラと12時くらいに目覚める。

起業したての頃は、
そんな夜型生活をしばらく送っていました。

この夜型生活も最高でしたが、
日に日にビジネスを学んでいく上で、
夜型生活だとビジネス面で悪影響が出てしまう事に、
気が付くようになりました。

実際問題、夜型生活を続けていると、
起きたらすぐに朝が終わってしまい、
頭もボーっとしているので、
エンジンの掛かりも遅くなります。

やっとエンジンが掛かったと思ったら、
もう夕方になり、
あっという間に夜を迎えます。

これだと一日が短く感じて、
心の余裕も無くなります。

さらに、セールスレターなどの、
“頭を使うクリエイティブな仕事”は、
夜に行なうと出来上がりが悪いです。

夜中にセールスレターを書いて、
翌朝、冷静に読んでみると、
その精度の低さに驚き、
ほとんどが修正だらけでした。

なぜこうなるのかと言うと、
夜という時間帯は、
「物事を判断する能力」が鈍るからです。

だからこそ、
“頭を使うクリエイティブな仕事”は・・・

絶対にを使うべきです!

私もこの朝型習慣の大切さを学び、
“頭を使うクリエイティブな仕事”を、
必ず朝に行なうように徹底してからは、
確実に収入がアップしております。

また、何と言っても、、、

朝は気持ちが良いです!

私が大好きなのは、
朝早く起きて、外で朝日を浴びながら、
牛乳をガブガブと飲むこと。

もうこれは最高です!

実際問題、、、
人間は朝日を浴びると、
セロトニンという神経伝達物質が増える事が、
科学的にも証明されています。

この物質が増える事で、
気持ちがリラックスして、
頭がスッキリと目覚め、
脳を活性化させてくれます。

そんな状態で仕事をするのと、
夜に仕事をするのとでは、
パフォーマンス力や収入の金額に、
「圧倒的な差」が出ると思いませんか?

サイン

Pocket

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小・中学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トップページに戻る