副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

サム41のデリックと沖縄で奇跡の遭遇!

2016年5月14日 週休4日の自由なライフスタイル

Pocket

こんにちは、中村洸一です。
(@沖縄の自宅書斎より・・・)

それは、つい昨日の事でした。

いつもと同じように目を覚まし、
家のリビングでぼ~っとTVを観ていたら、
ダイニングテーブルで朝食を食べていた嫁が、
私に向かってこう言いました。

嫁:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そういえば、明日●●が来るの知ってた?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

嫁が発したこの一言に、
私は今年一番の衝撃を受けて、
心臓が爆発しそうになりました。

なぜなら、、、
私が昔から大好きな海外のロックバンドが、
「沖縄でLIVEをやる!」という情報だったからです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そんな事は絶対にありえない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そう思って嫁に確認を取ったところ、
嫁がたまたま観ていたネットサーフィンで、
このLIVEイベントの情報を知ったとの事。

中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今すぐ見せてくれ~!!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そう言って証拠を突き詰めたところ、
沖縄の米軍基地内で行なわれるフェスティバルに、
「スペシャルゲスト出演」するという、
目を疑うような情報が載っていた。

この奇跡のLIVE情報は、
地元沖縄のTVやCMでは一切告知されておらず、
嫁がたまたまネットサーフィンで見つけていなかったら、
私は何も知らずにこの奇跡のLIVEを見逃していた事でしょう。

しかし、奇跡的に知った事で、
この二度と無い「最大のチャンス」を活かすべく、
明日のLIVEに一緒に行く友人を探す為に、
緊急事態として朝からLINEで一斉に送信した。

ロックが好きな友人一人一人に対して、
誘いのメッセージをLINEで投げかけていった。

が、しかし・・・

「明日」という超短期間の緊急条件に加えて、
開催場所がもの凄く遠い場所にあり、
しかもバンドの出番が「20時から」という条件。

その為、友人に送ったLINEに対して、
続々とこんな返事がやってきた。

友人A:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ごめん!明日は夜勤で無理だ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人B:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
場所が遠過ぎて20時には間に合わない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人C:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大事なコンパが入っている!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人D:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
職場の飲み会を作ってしまった!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人E:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すまん!彼女とデート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

などなど・・・。

こんな「パンチの無い」返信メッセージが、
私のLINEに続々と返ってきた。

まだ全員からの返信ではなかった為、
一緒に行ける友人が現れる可能性もあったが、
ここで一人でも確定させておきたい!という気持ちで、
一発ぶちかます為にも、私はこんなメッセージを送った。

友人A:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ごめん!明日は夜勤で無理だ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
休め!有給があるだろ!
いつ使うんですか?今でしょ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人B:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
場所が遠過ぎて20時には間に合わない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
よし!高速でぶっ飛ばそう!
簡単に諦めるな!パンクロ~ック!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人C:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大事なコンパが入っている!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界を股にかけるロックバンドを捨てて、
キミは何を股にかけるつもりなんだ?
精神がロックでも何でもないな!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人D:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
職場の飲み会を作ってしまった!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
断れ!一人抜けた所で、
会社の飲み会も地球もグルグル回るよ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

友人E:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すまん!彼女とデート!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
迷惑料を払ってでもキャンセルする価値がある!
中村金融が無利息でお貸し致しますのでご安心を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

と、このような感じで、
各友人にすぐさま切り返しを行ったのだが、
それでもパンチの無い断りメッセージが、
続々とLINEに届いてきた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マジで!?ヤバイぞ・・・!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

時間が経過するにあたって、
私の焦りはどんどん加速していった。

奇跡のLIVEが明日に迫っている。
でも、友人とタイミングが合わない。。。

私の絶対的ポリシーとしては、
「ロック好きの友人」と一緒に行く事だった。

しかし、ロック好きの友人からは、
続々とパンチの無い返答が返って来る。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みんなロックでも何でもないな!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

そう思った私は、
「ロックが好きじゃない友人を誘う」という、
禁断の扉を開けようとしていた。

この扉を開けてしまうと、
きっと誰かは一緒に行ける事になるだろう。

でも、きっとLIVEが始まる時には、
ボーっとステージを眺めている友人の側で、
私だけがノリノリで暴れる事になるだろう。

正直、これだけは避けたかった。

でも、一緒に行けるメンバーを探さないと、
本番が明日に迫っている。

よし、禁断の扉を・・・

と、その扉を開けようとしていた瞬間、
未返答だったロック好きの友人から、
こんなメッセージが届いた。

友人F:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行きたいけど、18時まで仕事だから、
20時まで時間的に間に合うかな~?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この友人のメッセージを、
「絶対に逃す訳には行かなかった私」は、
すぐに「渾身のオファー」を投げかけてみた。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おれが18時に職場までタクシーで行くから、
そこからお前の車に飛び乗って、
助手席で会場まで案内するからフルパワーで向かおう!
高速代はおれが出す!
そして大量のビールとホットドッグ代もおれが出す!
あと、今すぐOKしてくれたら「居酒屋代」も出す!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

と、このようなオファーを投げかけた所、
友人は喜んで一発OKしてくれた。

この友人がOKしてくれたお陰で、
今日は今後二度とあり得ない最大のチャンスを、
無事に活かす事ができます。

実際問題、、、

今回沖縄でLIVEを行なうこのバンドとは、
カナダが誇る「SUM41」という、
もの凄いロックバンドです。

バンド名の由来がユニークで、
「夏休み」の「41日目」に結成した事から、
「Summer」と「41st day」をミックスさせて、
「SUM41」として1996年にカナダで誕生しました。

アメリカや日本での人気はもちろん、
全世界でもビッグセールスを記録してきた、
とてつもないビッグバンドです。

私自身も10年前にロックDJをしていた時は、
このバンドの曲を毎回必ず流していましたし、
発売したアルバムは全部持っています。

人気絶頂の2006年には、
リードボーカルのデリックが、
あのアヴリル・ラヴィーンと結婚し、
「世紀のロックカップル」とまで言われていました。
(残念ながら離婚しましたが・・・)

その後、2011年のアルバムリリースを最後に、
リードボーカルのデリックが重度のアルコール中毒に苦しみ、
病院や自宅で寝たきり生活を送り続け、
メディアからも完全に消え去ってしまいました。

この頃の悲惨な状況を受けて、
もうSUM41の活動は「完全に終わった」と、
私は確信して再起を諦めていました。

が、しかし・・・

あれから5年の月日が流れた今夜、
奇跡のLIVEが沖縄で開催されます。

「もう二度と復活しない」と思っていたバンドを、
この沖縄で生で観る事ができる訳です。

そりゃ、心臓がバクバクして、
今にもはち切れそうな状態ですよ!

本来だったら、
このようにビジネス系の媒体で「音楽」であったり、
「具体的なバンド名」を出して熱く語るのは、
タブーな事だと思っています。

音楽の趣味は幅広く、
政治のように「人ぞれぞれの好み」が別れるからです。

しかし、、、

今日はそんなタブーを壊してまで、
どうしてもこの話題に触れたかった。

「一生に一度のチャンス」に出会えた感動と、
溢れんばかりのエネルギーを押さえられなかった。

今回の件で、
私が強く思った事が「2つ」あります。

1つ目は、
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「無知」とは恐ろしいという事。
━━━━━━━━━━━━━━━━

事実、今回沖縄にやって来るSUM41とは、
Zeep東京、名古屋、大阪を、
単独で回るくらいのビッグバンドです。

そんなレベルのビッグバンドが、
沖縄にやって来るという機会は、
私が知っている限り、過去に一度もありません。

後にも先にも「今日だけ!」という可能性もあります。

そんな二度と出会えないようなチャンスの情報を、
「知っている」のと「知っていない」のとでは、
「とてつもない差」が生まれていたでしょう。

実際に、私もこの情報を知らないで、
今後どこかでこの事実を知ってしまっていたら、
とてつもなく後悔していたと思います。

この情報を知っている人と知らない人。
この両者には「とてつもない差」が生まれる訳です。

そしてこれは私がやっている、
Webビジネスの世界でも同じような事が言えます。

とてつもなく稼げる情報を「知っている人」と、
その情報を「全く知らない人」。

この両者には「とてつもない差」が生まれます。

両者の人間がどんなに真面目で、
どんなに一生懸命にビジネスに取り組んでも、
この両者の結果には、
「とてつもない差」が生まれます。

だからこそ、、、
「情報」を仕入れるスキルも重要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「誰から仕入れるのか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「どこから仕入れるのか?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここに意識を置いている人といない人では、
得られる「情報の差」が大きいのが現実なので、
常に意識すべき重要部分だと思います。

次に今回の件がきっかけで、
私が強く思った2つ目の事があります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それは、「オファーの重要さ」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実際問題、先程もお伝えしましたが、
今回、私が一緒にLIVEを観に行くロック好きの友人は、
私に対して、次のような返答をしてきました。

友人F:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行きたいけど、18時まで仕事だから、
20時まで時間的に間に合うかな~?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この友人のメッセージを、
「絶対に逃す訳には行かなかった私」は、
すぐにこんな「渾身のオファー」を投げかけた訳です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

中村:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おれが18時に職場までタクシーで行くから、
そこからお前の車に飛び乗って、
助手席で会場まで案内するからフルパワーで向かおう!
高速代はおれが出す!
そして大量のビールとホットドッグ代もおれが出す!
あと、今すぐOKしてくれたら「居酒屋代」も出す!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これはつまり、、、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「相手に断らせないオファー」です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

事実、今回のLIVEが開催される場所は、
辺野古という場所にあるアメリカ軍基地内で、
友人の職場から車で2時間くらいもかかる、
めちゃくちゃ遠い場所です。

これはいくらロック好きとは言え、
友人にとってもかなりのハードルになります。

ここで私が潰したハードルの一つが、
「職場まで私がタクシーで向かう!」というオファー。

友人にとっては、
仕事終わりにすぐに直行できるメリットがあり、
そしてタクシーでわざわざ職場まで来てくれるという、
私の熱い意気込みも感じたと思います。

さらに、このオファーに加えて、
私は「助手席で会場までの道案内」をして、
さらに「高速代を出す!」というオファーまで提示しました。

と、ここまではメインのオファーです!

ここに加えて、
「限定ボーナス特典」として提示したのが、
会場で絶対に飲食する事が考えられる、
「大量のビールとホットドッグ代まで出す!」というオファー。

そして、最後の一押しとして、
「今すぐOKを出してくれるなら!」という気持ちを込めて、
「帰りに行く居酒屋代」まで出すというオファーで、
強烈にたたみかけました。

まさにこれは私が用意した・・・

「先着スーパーボーナス特典」です!

この時、私は心の中でこう思っていました。
「このオファーを断ったらバカでしょ!」と。

実際問題、、、

「一生に一度しか出会えない」奇跡のLIVEを観る為に、
タクシー代とか高速代とかホットドック代とか、
ビール代とか居酒屋代とかを出したとしても、
「安い投資」だと思えたのなら絶対に投げるべきなのです!

この理論こそ、
Webビジネスの世界でも同じ事が言えます。

絶対に売りたいと考えている商品があった時、
そこには「渾身のオファー」が必要だからです。

相手が抱くハードルを考えて、
そのハードルを下げる為に、
具体的なメリットを提示しながら、
強烈な「特典」でたたみかける。

この時に絶対に意識すべきなのは、
相手の立場になってハードルを考えて、
「これ断ったらバカでしょ!」と思えるレベルで、
渾身のオファーを投げる事!

この部分に全力を注ぎ込めば、
小手先のテクニックを使ったり、
コピーライティングがどうたらとか関係なく、
相手の財布を開かす確率が飛躍します。

この事実を証明するかのように、
世界1のコピーライターと呼ばれている、
あの偉大なゲイリーハルバートでさえも、
こんな名言を残しています。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
強いオファーで弱いコピーを克服することはできるが、
強いコピーで弱いオファーを克服することはとても難しい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
by:ゲイリーハルバート(世界一のコピーライター)

という事で、、、

今日は一生に一度しか出会う事のできない、
「奇跡の夜」をロック好きの友人と一緒に、
思いっきり楽しんできます。

「天気」も快晴!

出発まで刻一刻と迫っておりますが、
今にも心臓が爆発しそうです。

もし、このメッセージをお読みになっている方の中で、
今夜の伝説のLIVEを観に行く方がいたら、
是非、会場で私を見つけて声をかけてください!

一生に一度しか味わえない、
「奇跡の瞬間」を一緒に楽しみ、
最高にクールでホットな夜にしましょう!

サイン

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

  1. プチ より:

    初めまして!
    突然のコメント、失礼します。
    今、sum41のFacebookページで、彼らが沖縄に行っていたことを知りました!とても驚き、検索していたところ、ここにたどり着きblogを読ませていただきました!フリーライブいかがでしたか!?人は集まっていましたか?告知なしだったということなので。基地内でライブが行われたのでしょうか?たくさん聞きたいことが山です!私もsum41の大ファンで、サマソニやパンクスプリングでライブを見てきました!本州に住んでいますが、同じ日本にまた来てくれたと思うだけで興奮しました。またお時間ある時にライブレポ兼ねてblogを更新していただけたらとても嬉しいです!

    • 中村洸一 より:

      プチさんへ

      コメントありがとうございます。
      土曜日は最高のLIVEを楽しんできました。

      お客さんの大半がアメリカ人となる、
      フリーのフェスティバルでしたが、
      SUM41は約2時間近くのフルセットでLIVEを行い、
      野外単独LIVE状態で大盛り上がりでした。

      この伝説のLIVEをなんとか形に残そうと思って、
      お酒を飲んで暴れている膨大なアメリカ人の中に混じって、
      命がけでLIVE映像を撮影してきました。

      私のブログはビジネスノウハウが中心の為、
      すぐに公開できない可能性もありますが、
      命がけで撮影したLIVE映像の方は、
      準備ができ次第、このブログの方にアップしようと考えておりますので、
      楽しみにお待ち頂けると幸いです。

      中村洸一

      • プチ より:

        ありがとうございます!
        命懸けで撮影された最高の沖縄ライブ映像、楽しみにしています!日本での今までのライブでは、大半がアメリカ人、酔ったアメリカ人たちに混ざっての参戦はなかったと思うので、沖縄ライブはそういう意味でもスペシャルですね!またブログ更新楽しみにしています♪返信ありがとうございました!

トップページに戻る