副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

サラリーマンが会社にバレない副業で稼ぐ為の最強手段とは?

2017年2月9日 人気オススメ記事

Pocket

From:中村洸一
(@沖縄の自宅書斎より・・・)

「絶対にありえん!嘘だろ!!!」

その話をした時、私の友人は全く信じなかった。
しかし、今では彼は・・・

これは4年以上前の脱サラ当時、
私がサラリーマンの友人と飲んでいた時のこと。

彼とは年に1~2回ほど遊んでいた仲で、
私が本業の会社を辞めて脱サラした事を受けて、
飲みの誘いがやってきた。
(脱サラの理由が聞きたかったのだろう・・・)

そこで私が8年間務めた会社に対して、
評価されない安月給に不満を持ち、
膨大な残業で不自由なストレスを抱え、
この状況を打破する為にと考えて、、、

本業の会社にばれない副業をこっそりと始めて
そこから着実に副業収入を増やし続け、
その収入が本業の給料を超えるようになり、
副業開始から8ヶ月後に脱サラしたという話をした。

そしてさらに、、、
その会社にばれない副業に使った道具は、
「自宅のパソコン一台だった」という話をした。

が、しかし・・・

この話を聞いた彼は驚いた顔をして、
私にこう言ってきた。

「絶対にありえん!嘘だろ!!!」

もし私が現役バリバリのサラリーマンだったら、
彼と同じリアクションをしていたと思います。

でも、これは正真正銘の「真実」であり、
今の時代だからこそ実現できる、
サラリーマン救済の「最強手段」だと断言できます。

事実、あの時に疑っていた友人の彼は、
社長業を4年以上も続けている今の私の姿を見て、
さすがに信用してくれるようになりましたが、、、

そもそもの話として、
長時間残業で「自由な時間」を奪われ、
頑張っても評価されない「安月給」に苦しみ、
合わない人との「人間関係」に耐え続ける・・・。

そんな状況だった過去の私と同じように、
多大なフラストレーションを抱えながら、
我慢して働き続けるサラリーマンは多いと思います。

そして、そのような状況に陥った時には、
次の「3通りの選択肢」が現れる事になります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【選択肢1】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今の会社で我慢して働き続ける。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【選択肢2】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
思い切って別の会社に転職する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【選択肢3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社にばれない副業をこっそりと始める。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この3つの選択肢の中で、
一番簡単なのは「選択肢1」を選んで、
「今の会社で我慢して働き続ける事」です。

これは「現状に大きな不満」を抱きながらも、
仕事を辞めると収入が無くなる事を恐れ、
転職すると収入や待遇がダウンする事を恐れて、
「結局、何も動かない」という選択肢です。

これが一番簡単な選択肢にはなりますが、
今の状況がこの先も延々と続いていく事になるので、
光が見えない暗闇のトンネルの中から、
このまま延々に出られないような状況になります。

会社に拘束される

一番簡単な選択肢が故に、
「夢と希望を失った選択肢」になる恐れがあります。

次に2つ目の選択肢となるのが、
「思い切って別の会社に転職する事」です。

これは「現状の大きな不満」を打破する為に、
自ら行動して「環境を変えていく」という、
勇気のある行動だと言えます。

レストランで食事をする時の話で例えるなら
隣のテーブルに悪質な客がいて、
その隣の客のボリュームのうるさい会話のせいで、
大切な人との楽しい時間がぶちこわされる。

そうなってしまった時に、
この状況のまま「我慢」するのではなく、
自らこのレストランを立ち去って、
次の新たな店に場所を変えるという事。

せっかく予約してこのレストランに行ったのに、
隣の悪質な客に雰囲気をぶちこわされ、
それが嫌で急遽新たな別のレストランを探す。

これと似たような状況になるのが、
選択肢の2つ目となる、
「思い切って別の会社に転職する事」です。

自ら環境を大きく変えていく事で、
現状の不満を打破できるという意味では、
かなり希望のある選択肢だと言えます。

が、しかし・・・

これには大きなリスクが伴います。
なぜなら、、、

自ら環境を大きく変えた事で、
次に足を踏み入れる新しい環境の方が、
「もっと悪い環境」になる可能性があるからです。

例えば、現状の給料が20万円だった場合。

新たな転職先だと同じ業務内容にも関わらず、
給料が15万円に下がってしまったりする訳です。

実際問題、厚生労働省が正式に発表している、
「転職入職者の賃金変動状況データ」では、
全体の7割が転職によって給料がダウンしています。

転職者の賃金変動状況

このデータが現している通り、
転職をすると「70%の確率」で、
「今よりも給料が減る」という事です。

さらに給料が減る金額を年収で換算すると、
「50万円~100万円レベル」で一気に減る事が、
「転職では当たり前」とまで言われております。

つまり、今が年収400万円だった場合だと、
思い切って新たな会社に転職をする事で、
年収が300~350万円に大幅ダウンする訳です。

この確率が「70%」もあるという事なので、
かなりリスクの高い行動だと思えます。

楽しいビーチパーティーの事を想像してみてください。

開催日のスケジュールを立てる時に、
「降水確率70%」だと知っている日は、
絶対に選びたくないものですが、、、

これを転職のリスクに置き換えてみると、
「年収低下確率70%」だと知っている危険な環境に、
自ら飛び込んでいくような状況です。

危険な道

現状の不満を打破できるという意味では、
希望のある選択肢にはなりますが、
収入面では「現状よりも悪化する確率」が、
極めて高いハイリスクな選択肢だと言えます。

そして最後に3つ目の選択肢となるのが、
「会社にばれない副業をこっそりと始める事」です。

これは現状の大きな不満を打破する為に、
他の2つの選択肢と比較してみても、
「最もズル賢い選択」だと言えます。

さっきと同じくレストランの例で言うなら、
隣のテーブルに悪質な客がいて、
その隣の客のボリュームのうるさい会話で、
大切な人との楽しい時間がぶちこわされる。

そうなってしまった時に、
この状況のまま我慢するのではなく、、、

隣の客にばれないように、
店員さんに「迷惑である事」をこっそりと伝えて、
隣の客を上手~く黙らすか、その場から立ち去ってもらい、
今の場所から動かずに楽しい時間を過ごすみたいな。

これと似たような手段として、
辛い現状のまま我慢するのではなく、
会社にばれない副業をこっそりと行い、
着実に副収入を稼いでいくという感覚です。

そして副収入が本業の給料を超えてきたら、
本業で働かなくても生きていけるようになるので、
「会社をやめたければ脱サラする!」という、
今までに無かった「新しい道」が開ける。

それが会社にばれない状態で可能になる訳なので、
そりゃ・・・「かなりズル賢い」ですよね(笑)

賢い選択

事実、私もこの選択肢を選んだ事で、
安月給で残業100時間の貧乏サラリーマンから、
会社にばれない副業収入を着実に増やし続け、
わずか8ヶ月で「自由な社長」になれました。

そして、この「ズル賢い選択」を選んだ時に、
この世に数ある副業手段の中から、
自宅にあるパソコン一台だけで手軽に実践できる、
「Webビジネス」を選びました。

もし、この選択をしていなかったら、
それこそ銀行から借金をして資金を調達し、
飲食店などを始めよとしたかもしれません。

もしそうなってしまっていたら、
「失敗した時のリスク」が高過ぎて、
大切な家族を路頭に迷わす可能性があります。

路頭に迷う

それに、サラリーマンとして働きながら、
会社にばれない副業として取り組むには、
あまりにも壮大過ぎる計画になります。

それ以外にも、TVでたまに見かけるような、
株やFXの投資系の副業もありますが、
これには「まとまった軍資金」が必要になり、
さらに「相場の動き」からも目が離せなくなります。

それこそ本業の仕事で働いている時に、
「相場の動き」が気になり過ぎて、
本業の仕事に支障をきたす可能性が高い。

それが原因で会社側に不信感を抱かれて、
「副業がばれる危険性」が高まってしまう。

この部分を冷静に考えてみると、
私の経験上ではっきりと断言できるのが、
パソコン一台で実践できるWebビジネスこそが、
会社にばれない副業の「最強手段」です。

サラリーマンが会社の給料に依存する事なく、
「自分の力で稼ぐスキル」を手に入れる。

その結果・・・

長時間残業で自由な時間を奪われ、
頑張っても評価されない「安月給」に苦しみ、
合わない人との「人間関係」に耐え続ける日々から、
晴れて「卒業」する事ができるようになる。

新しい道

そう考えると、
今の時代を生きているサラリーマンは、
めちゃくちゃラッキーだと私は思います。

これが一昔前の時代だったら、
インターネットが今みたいに普及してなかったので、
パソコン一台で手軽に実践できる「Webビジネス」を選んで、
「会社にばれない副業をやる」なんて出来なかった訳です。

という事は、、、

もし一昔前の時代に生きていたとしたら、
銀行から借金をして飲食店を開業したり、
年収が70%の確率で大幅ダウンする転職の道しか、
「選べる選択肢」が無かった訳です。

この部分を真剣に考えると・・・

パソコン、スマホ、ダブレットの普及により、
インターネットが「当たり前」になった今の時代は、
会社にばれない副業で「現状の不満」を解消できる、
Webビジネスという【史上最強の選択肢】がある。

最強の武器

この【史上最強の選択肢】を使っていけば、
今の会社で少しの間だけそのまま働きながら、
会社にばれない副業収入を着実に増やし続けて、
「大きな希望」が広がる新世界に行けるようになる。

最高の新世界

これが全て可能になるのが、
パソコン一台だけで身軽に実践できる、
Webビジネスの革命的な威力です。

そもそもWebビジネスで「失敗」したとしても、
失うものは「費やした時間」しかありません。

大切な貯金を失ってしまったり、
多額の借金を背負ってしまったりして、
家族を路頭に迷う事すらない訳なので、
金銭的リスクは「限りなくゼロ」です。

私が知っている限り、
この世の中を見渡してみても、
会社にばれない副業収入を増やす方法として、
Webビジネス以上の「低リスク」は存在しないので、、、

もし、今のあなたがサラリーマンで、
長時間労働で自由を奪われていたり、
評価されない安月給で苦しんでいたり、
合わない人との人間関係に耐えているのなら、、、

自宅に一台のパソコンさえあれば、
今日から、今からすぐにスタートできる、
会社にばれない副業の最強手段である、
Webビジネスをオススメします。

■ていうかWebビジネスって何!?

■一体、どんな事をすればいいの!?

■とりあえず今日から何したらいい!??

今、もしあなたがそう思っている場合は、
パソコン一台でWebビジネスを実践し、
会社にばれない副業収入を増やす手順を解説した、
この特別な無料プレゼントが役立つと思います。

>>>会社にばれない副業収入を増やす「Webビジネスの入門書」

上記の無料プレゼントには、
残業100時間で安月給の貧乏サラリーマンだった私が、
Webビジネスで「会社にばれない副業収入」を増やし、
自由な社長になった手順を詳しく解説しています。

もし、今のあなたが、
過去の私のようにサラリーマンで苦しんでいるのなら、
必ず役立つプレゼントになると思いますので、
良かったら参考にしてみてくださいね。

サイン

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る