副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

正社員になれない「一生派遣社員が急増中」の恐ろしい真実

2015年8月9日 人気オススメ記事, 成功マインドセット

Pocket

こんにちは、中村洸一です。
(@58号線のスターバックスより・・・)

先日、深夜のTV番組を観ていた時のこと、、、

興味深いテーマに対し、
専門家たちが討論バトルをしていたので、
思わず目が釘付けになった。。。

その討論のテーマとは・・・

「将来、日本から正社員が消える!?」

というショッキングな内容だった。

その論点となっていたのが、
派遣法の改定だった。
この改定法案の中身とは、、、

これまで最長3年で、
業務終了しなければいけなかった、
派遣社員の受け入れ期間制度を、
企業側が事実上撤廃できるという制度。

この制度により、
派遣社員が長期に渡って、
その派遣先の会社で、
延々と労働し続ける事になる。

これがきっかけで、
派遣社員が派遣先の会社で、
今までより正社員になれるチャンスが、
増えると主張している専門家もいれば、、、

派遣元と無期雇用契約の可能性が出て、
正社員になれない“一生派遣社員”が、
急激に増えると主張する専門家で、
意見が2方向に分かれていた。

私の見解からすると、
“後者の方向”に進むと見ている。

つまり、、、

正社員になれない“一生派遣社員”が、
この先、急激に増えるという事。

企業側の立場で考えてみても、
正社員を雇う事に比べて、
派遣社員を雇うのは、
かなり身軽でリスクも低い。

例えば、勤務態度が悪く、
ヤル気の無い従業員がいた場合。
それが派遣社員なら、
比較的簡単に解雇する事ができる。

でも正社員だったら、
ややこしい問題が発生してきて、
なかなか簡単には解雇できない。

さらに会社の業績が低迷した場合。

会社の存続を考えて、
従業員をリストラせざる終えない。

そんな場合でも派遣社員なら、
比較的簡単に解雇する事ができる。

でも正社員なら、
退職金などコストも発生してきて、
なかなか身軽には解雇できない。

それ以外の社会保険や賞与の面でも、
正社員と派遣社員では、
“天と地の差”が発生するのが現実。

これらの総合面を分析してみても、
派遣社員の受け入れ期間制度が無くなれば、
正社員よりも派遣社員を雇う企業が、
一気に増えてしまうリスクがある。

事実、今現在の日本では、
非正規雇用者が1,900万人超えている。

この1,900万人のほとんどは、
まともに社会保険に加入していない。

つまり、この1,900万人が、
このまま高齢者になったとき、
1,900万人のほとんどの人の年金額は、
生活保護以下だと考えられる。

この1,900万人は、
老後どうやって生活をするのか?

冷静に考えてみると、
自分自身で生活するのは困難。

だとしたら、
生活保護を受給する可能性がある。

という事は、、、

現状の正社員になれない非正規雇用たちの多くが、
生活保護受給者になっていく事が、
将来的に予想される。

そうなってしまうと、
数千万人以上のレベルで、
生活保護受給者が増えてしまう。

日本国民全体の20~30%くらいが、
生活保護受給者という事態もあり得る。

ただでさえ、これだけヤバイのに、
派遣社員の受け入れ期間制度が無くなる事で、
さらに非正規雇用者の人口が加速する。

そして、
非正規社員が増えれば増えるほど、
未婚男性が増え、少子化も加速する。

今後、子供の数が減っていけば、
年金や生活保護への資金がショートするのは、
どんな経済評論家でも否定できないはず。

と、このように、、、

我々国民を乗せた日本の船は、
恐ろしい方向へと向かっている。

これからの未来を真剣に考え、
自分自身の力で誰にも頼らず、
“人生を守っていくスキル”が、
必要不可欠になると本気で思う。

サイン

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る