副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

自己投資の堅実な使い道

2015年7月24日 社長のお金話

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@牧港のスターバックスより・・・)

先日、ヤマダ電機に行ったときのこと。

店内に入り、

ポイントスロットマシーンの前に行くと、

隣からある男性に声をかけられた。

一瞬、誰だか分からなかったが、

よく見てみると、

高校時代に少しだけ面識のある先輩だった。

私よりも1個上の先輩で、

約12年ぶりくらいの再開だったので、

少しだけ立ち話をした。

最近の近況や世間話を交えて、

楽しくおしゃべりをした。

が、しかし・・・

トークの途中で私は、

目の前でしゃべっている先輩の話の内容が、

頭に全然入ってこなくなってきた。

その理由は、、、

彼の歯がボロボロで、

そこに気を取られてしまったからです。

年齢は32歳の私と1個しか変わらないのに、

前の歯が黒くなっており、

全体的に汚れまくっている印象だったので、

気になってしょうがなかった。

結局、、、

立ち話は10分くらいで終わったが、

先輩の後半の話の内容は、

ほとんど頭に入らなかった。

人間、無くして初めて“後悔”するものは、

この世にたくさん存在しますが、

その中でも、

取り返しが利かないのが“健康”です。

そして、その健康の中でも、

めちゃくちゃ大切にしたいのが、

「歯の健康」だと思います。

私も20歳からアパレル業界で働き、

その後はサラリーマンに転職し、

脱サラまで8年くらい働きましたが、、、

その20代の頃の私は、

会社に膨大な時間を奪われていた事もあり、

今現在と比べ、

「歯の健康」をかなり軽視していました。

歯磨きはハブラシのみで、

歯医者の定期検診にもたまにしか行かず、

「痛くなったら行けばいい!」

くらいの軽い考えを持っていました。

そんなサラリーマン時代を送っていた頃、

ある時の仕事中に、

歯がめちゃくちゃ痛くなり、

歯医者へ直行した事がありました。

その日に治療した歯が、

とにかくめちゃくちゃ痛くて、、、

こんな辛い治療を二度と受けないように、

「歯の健康」を、

真剣に考えるきっかけになりました。

半年や1年に必ず1回は、

歯科検診に行っておけば、

ここまでひどくなる事はない。

そう感じたのと同時に、

日々の歯磨きの改善も、

しっかりと見直しました。

まず、自分でやる毎日の歯磨きでは、

使うハブラシを選ぶ時も、

価格の安さではなく、

機能性を重視するように変えました。

とにかく機能性が良さそうなもので、

一番値段が高いものを、

迷わず選ぶようになりました。

そして次に、

歯間ブラシとフロスを、

毎晩、必ず行なうようになりました。

ハブラシのみの歯磨きでは、

絶対に取り除く事のできない、

歯と歯の間の磨き残しがある為、、、

その磨き残しが原因で虫歯になったり、

歯石になってしまわないように、

歯間ブラシとフロスで歯垢除去をします。

そして最後は、

仕上げ磨きブラシという、

先端がとんがった小型のハブラシで、

細かく仕上げて終了する。

この徹底したハブラシタイムを、

もう約4年くらい、毎晩かかさず、

1日も休まず必ずやってますが、、、

虫歯が常に0本で、

歯のトラブルも一切なくなり、

状態がかなり良くなりました。

ただ、毎日の歯磨きによる、

歯の自己メンテナンスにも限界はあります。

どんなに細かい部分まで徹底しても、

歯医者さんというプロでしか、

取り除けない部分があるからです。

ちょっとした磨き残しでも、

それが歯石へと進行し、

自覚症状が出たときは、

かなり悪化している。

そんな自体を避ける事は、

自己メンテナンスだけでは無理なので、、、

私の場合は3ヶ月に1回は、

歯医者さんでクリーニングを含めた、

歯科検診を必ず受けています。

いつも髪を切ってくれる美容師さんが、

定期的に足を運ぶ度に、

ヘアセットのテクニックや正しい洗い方を、

色々とアドバイスしてくれるように、、、

定期的に歯科検診に足を運ぶと、

プロの歯科医から、

歯の健康を保つブラッシングや生活習慣についても、

色んなアドバイスを受けれます。

ここまでやっておけば、

歯の健康を必然的に保つ事ができ、

いつまでも元気な歯で、

人生を楽しむ事ができるでしょう。

もし虫歯ができ、

それに気づかず悪化してしまうと、

歯の神経を抜く事になります。

そうなると、次は歯茎が弱り、

年を取るにつれて、

他の歯も抜けやすくなります。

そして、入れ歯になってしまうと、

面倒なメンテナンスに加えて、

膨大なお金がかかります。

さらに、歯周病が悪化すると、

歯周病菌は体の全身まで回り、

心臓病や糖尿病などを引き起こし、

命にかかわる病の元にもなります。

そして何よりも、

歯が抜けていたり、黒くなっていたり、

不健康そうな歯になってしまうと、、、

日常生活の様々なシーンにおいて、

人間関係のコミュニケーションを図る上で、

相手にマイナスの印象を与えてしまいます。

想像してみてください。

どんなに見た目がカッコ良くて、

お洒落で魅力的な人間だったとしても、

歯がボロボロで不健康だったら、

一気にマイナスイメージを与えると思いませんか?

ビジネスでも一緒です。

どんなに凄い成功者が、

目の前で説得力あるトークを熱弁していても、

歯がボロボロで不健康だったら、

その説得力も台無しです。

日々の歯磨きを徹底し、

歯科検診にお金をかけるのは、

立派な自己投資だと私は思います。

このわずかな投資金額をケチると、

その後の治療費で何十倍ものお金を浪費し、

人生の様々なシーンにおいても、

チャンスを逃してしまう事になります。

人生を楽しんでいく為に必要な、

堅実な自己投資の一つとして、

今一度、「歯の健康」を、

見直してみてはいかがでしょうか?

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る