副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

「チャンスが無い」なんて・・・二度と言うなバカヤロー!

2015年6月13日 社長のお金話

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@沖縄市のスターバックスより・・・)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チャンスが無かったなんて言うなよ、

度胸がなかったんだろ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは日本の有名実業家である、

金森氏の名言です。

スタイリッシュな切れ味で、

バシッと決まっていますね。。。

さらにもう一つ、

金森氏のカッコイイ名言を紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リスクを負わない人間には、

リターンを得る資格がないのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いや~、これも素敵ですね!

人生やっぱり、

リスクを負わないと、

リターンを得る資格がない。

まさにその通りだと思います。

これはビジネス面の話だけでなく、

日常生活の様々なシーンでも、

同じような事が言えます。

例えば、

ちょっとした“お金の使い方”にしても。。。

それが後にリターンを得られるような、

立派な「投資」になったり、

何のリターンも得られないような、

ただの「消費」になったりします。

一例をあげると、

私も毎週アクティブ通っている、

スポーツジムの場合。

毎月お金を払って通ってますが、

このお金の使い道は、

立派な投資になっています。

他の人にとっては、

「お金がもったいない!」とか、

「家で筋トレして、外走ればOKでしょ!」

そんな価値観の人もたくさんいます。

中には、仕事で疲れているのに、

それからジムに行って余計に疲れて、

お金を払うという行為が意味不明!

そんな事を言う人もいました。

でも、、、

ジムで体のメンテナンスを行なうのは、

人生のあらゆるシーンで、

確実にリターンを得る事ができます。

なぜなら、、、

家で筋トレしたり、外で走ったりしても、

それを持続させる事はかなり困難だからです。

(過去の私もそうでした・・・)

でも、ジムに通う事で、

毎月お金を払っている訳なので、

意識して定期的に通わないと、

お金を浪費している感覚が芽生えます。

さらに、ジムで体を鍛えている人には、

自分よりもカッコイイ体型の人がたくさんいるので、

「負けないようにもっと頑張ろう!!!」

そんな向上心まで芽生えてきます。

これらの意識が“行動力の源”となり、

継続的にジムで体を鍛え続ける事ができます。

実際問題、

「見た目」が人に与える印象は、

めちゃくちゃ大きいです。

お笑い芸人やスポーツ選手とかで、

太っている事を武器にしている人を除くと、

確実に太っていない方が有利です。

肥満体型だと、病気にもなりやすく、

病気になってしまうと、

その医療費や通院費でも、

かなりのお金と時間が奪われてしまいます。

ビジネス面でも、

“見た目の信用力”が低くなれば、

その取引自体が、

不利な方向に進むリスクが高まります。

その他を冷静に分析してみても、

太っているよりもスリムな方が、

人生のあらゆる面で有利です。

健康面。

ビジネス面。

ファッションや恋愛面。

やはり、スリムな体型の方が、

遥かにメリットが大きいのが現実です。

そんな現実を踏まえた上で、

体型をスリムに維持する為に、

ジムに通ってお金を使うのは、、、

人生を良くする為、楽しくする為の、

立派な投資になると思います。

もちろん、家での筋トレや、

外でのジョギングを続けられれば、

ジムに通う必要はありません。

でも、それが出来ない人が、

この世に溢れています。

多くの人は、

効果が出るまで待てず、

途中で飽きてしまって、

結局、続ける事ができません。

つまり、意思が弱い!!!

(私もその経験者の一人です・・・)

だからこそ、

お金を払ってリスクを追う事で、

他人の力を活用して自分の習慣を変える。

このお金の使い方は、

その後のリターンが大きい、

“立派な投資”だと思いませんか?

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

  1. 大里ほのと より:

    そうです!!たくさんチャンスはありました。それを大きくするのも、小さめにするのも自分自身なんです。未経験というわけじゃない。ここぞというときに金森氏の名言が頭の中で浮かんでほしいです。一人で「見た目」を管理できなければジムに行った方がいいに決まってますね。その後のリターンが大きい、“立派な投資”で成長できるなら思いっきり投資したいものです。

  2. 齊藤博実 より:

    中村様、いつもありがとうございます。
    流石にプロだと思います。
    自分に投資をするのはプロ、アマチュアはしません。
    投資したつもりが消費にならないよう気をつけたい。

トップページに戻る