副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

結婚した者だけが味わえる「最上級のメリット」とは?

2015年7月11日 成功マインドセット

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@国体通りのスターバックスより・・・)

最近、TVを観ていたら、

こんな興味深い番組があった。

ズバリ・・・!!!

「結婚」とは、

自分の人生にとって、

プラスかマイナスか?

そんなテーマをめぐって、

既婚者と独身者の芸能人が、

熱く議論している内容だった。

独身には独身の言い分があり、

既婚者には既婚者の言い分がある。

やっぱり独身のメリットとしては、

いつまでも自由気ままに生活でき、

自分自身にお金を使いまくれる。

結婚していない訳なので、

既婚者より恋愛もたくさん経験できる。

あんな事もこんな事も、

ぜ~んぶ自由にやりたい放題!!!

そりゃ、最高ですよね(笑)

ただ、、、

既婚歴10年の私からしてみると、

独身のメリットを遥かに超越するほど、

結婚には大きなメリットがある。

まず、結婚すると、

身の回りの面倒な事を、

全てパートナーがやってくれる。

毎日ちゃんと食事も作ってくれるので、

家に帰ると栄養バランスの取れた食事が、

疲れた体を癒してくれる。

これが独身の場合だと、

作るのも面倒臭くなって、

外食や弁当で済ませがちになる。

食費だけでなく、

体に有害な科学調味料を避けられず、

健康面でのデメリットが大きい。

もし自炊したとしても、

一人なので食材が余ってしまって、

無駄にしてしまうリスクもある。

そして、なんといっても、

一人の食事は寂しい。。。

結婚すると、

嫁や子供と一緒に、

会話しながら楽しく食べれる。

さらに結婚の大きなメリットとしては、

「支え合う事」ができるという部分。

たとえば風邪などをひいて、

体調を崩したとき。

すぐに看病してくれる人が側にいれば、

早く治る確率が高まるでしょう。

病院にも送ってくれるし、

薬も買ってきてくれます。

ありとあらゆる看病をしてくれるので、

経済的にも労力的にも、

損失を最小限に抑える事ができる。

これが独身だった場合、

全て自分でやらなければいけない。

そして、もっと辛いのが、

独身のまま老後を迎えたとき。

60歳、70歳、80歳になるにつれて、

両親もこの世を去っていく。

そして友人たちも、

徐々にこの世を去っていく。

その結果、話し相手もいなくなり、

孤独な老後生活を送っていく。

万が一、

自分の体が不自由になった場合、

お金を払って他人に依頼しなければ、

誰も世話をしてくれない。。。

もちろん、お金があればいいけど、

底をついたらゲームオーバー。

そこには愛情も何も残らない。

そんなリスクを回避できるのが、

結婚してパートナーを持つ事。

それ以外にも、

結婚にはメリットがたくさんある。

ただ、結婚でも、

選ぶパートナーが浪費家だったら、

その結婚生活は悲惨な事になってしまう。

料理も作れないパートナーを選ぶと、

経済面、栄養面でもマイナスになる。

家事全般ができないパートナーを選ぶと、

結局、独身の頃と何も変わらない。

結婚にはメリットがたくさんあるけど、

パートナー選びが重要。

幸いな事に私の場合は、

料理、家事も全てちゃんとできる、

素敵なパートナーに巡り会えたので、

結婚して本当に良かったと思う。

たまにパートナーの嫁が怒り暴れて、

家の中で闘牛ショーが始まるけど、

まぁ、それは多めに見てOKにしておこう。。。

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

  1. 大里ほのと より:

    感謝の気持ちは大切ですね。友達の延長だと思えば、愛情がかけてしまっても、うまくやってこれると思ってます。特に独身女性50歳以上は性格が恐いですから、結婚できるならすべきですね。

トップページに戻る