副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

ドライアイを改善しないと収入がダウンする「恐ろしい現実」

2015年8月7日 成功マインドセット

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@ハンビータウンの喫茶店より・・・)

“Webビジネスの大敵”を、

あなたはご存知ですか?

その大敵とは、、、

ドライアイです。

これはPCやスマホなどの、

デジタル機器を長時間使う事で、

涙の量や成分の異常によって目が乾燥し、

目の表面にキズがつく病気です。

特にWebでビジネスを行なう我々は、

どうしても目を使う時間が長くなります。

さらに空調の効いた室内で、

作業する時間も多くなります。

この習慣を続ける事で、

ドライアイを引き起こしてしまうのですが、

特に自覚症状がないので、

放置してしまう人が多いのが現実です。

でも、ドライアイを改善せずに放置しておくと、

大きなデメリットが発生します。

まず1つのデメリットは、

「見た目の印象」を悪化させる事です。

目の乾燥が、

「その人の見た目の印象」に、

どんな影響を与えるのか?

そんなアンケート調査を、

ジョンソン・エンド・ジョンソン社が、

以前にリサーチした有名な結果によると、、、

「75%が疲れている印象」と答え、

その他で割合が多かったのが、

「機嫌が悪く見える」という声でした。

さらに以下は、

アメリカの心理学者である、

アルバート・メラビアン教授が、

「人の印象」について調べたデータです。

■見た目の情報 55%

■声や言葉の情報 38%

■話の中身 7%

このデータの通り、

人間が相手に与える情報の中で、

最も印象を与えるのが「見た目」です。

つまり、、、

その見た目を悪化させるドライアイを改善しないと、

ビジネスシーンや人間関係においても、

かなりのデメリットを発生させます。

たったこれだけの差で、

ドライアイを改善しない人よりも、

様々な面で不利になってしまい、

収入増加のチャンスも失われます。

それだけではありません。

ある研究では、ドライアイを改善しない人は、

ドライアイじゃない人と比べて、

仕事のパフォーマンスが低下する事が、

統計データとして認められています。

ドライアイを改善しない事で、

日々の仕事の作業が遅くなり、

それを1年間や10年間で換算していくと、

かなりのお金を無駄にするでしょう。

これら2つのデメリットを回避する為には、

日頃からドライアイを改善したり、

意識して改善を図る必要があります。

その方法はいくつかありますが、

誰でもめちゃくちゃ簡単にできて、

今日からすぐに始められる方法があります。

それは1日に1~2回、

ほんの5分程度でいいので、

ホットタオルを目に当てる事です。

ホットタオルで目を温めると、

まぶたから油分が分泌され、

涙が蒸発しにくくなり、

目に長く留まるようになります。

この効果により、

まずたがしっかりと開き、

ドライアイが改善します。

さらに目を温める事で、

肌にまで栄養が行き届くようになり、、、

健康的な細胞が生まれていき、

目元にあるシワやクマまで、

改善すると言われています。

つまり、、、

老化防止にもなるって事です!

(まさにボーナス特典ですね・・・笑)

コレ凄くないですか~?

あ、ちなみに、、、

ホットタオルの作り方は、

タオルを水で濡らし絞ってから、

レンジで数秒間ほど温めるだけです。

私の場合はレンジが無い場所でも、

すぐ手軽に使える習慣にしたいので、

この最強アイテムを常に愛用しています。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダー(14枚入)【kao6me1pl4】【めぐりズム】[ラベンダー めぐりずむ 蒸気でホットアイマスク 花王]

 

 

 

日常生活の様々なシーンで、

ちょっとした休憩タイムができます。

そんな時にスマホに張り付くと、

その後のパフォーマンスも低下し、

“ドライアイの道”へ一直線です!

逆に休憩タイムは目を休め、

ホットマスクで目を温めていくと、

“収入アップの道”へ一直線です!

あなたは、どっちの道に進みますか?

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る