副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

youtuberの「残酷な実態」とは?

2015年9月4日 成功マインドセット

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@58号線のスターバックスより・・・)

先日、深夜のテレビ番組を、

何気な~く観ていた時のこと、、、

興味深い特集を発見したので、

思わずチャンネルが止まった。

その番組で特集をしていたのは、

今話題のyoutuber(ユーチューバー)の実態を、

追跡調査するというもの。

お、これは面白そうだ!

そう思いながら、

番組を最後まで観たのですが、

私はかなりショッキングな印象を受け、

胸が痛くなりました。

その理由とは、

youtuberたちの実態が、

あまりにも過酷だったからです!

参入障壁が低い事もあり、

さらに昨今のyoutuberブームで、

youtuberで稼ぐ事を夢見て、

たくさんの素人が参入し、、、

さらにWebビジネス業界でも、

youtube系のノウハウは売れまくり、

今や膨大な数の参入者たちが、

youtuberで稼ぐ事を目指しています。

そんな状況も関係してか、

今やyoutuberで稼ぐのは、

“至難の技”になっているとの事。

そして、ビジネス初心者や素人、

さらに副業で取り組む人には、

あまりにも壁が大きいのが現実。

まず1つ目の壁は、

これからyoutuberで売れる為には、

“ルックスの良さ”が必要になるという実態。

これはつまり、

モデル業界で売れるのと同じかのように、

youtuberで売れる為には、

“ルックスが良くない”と売れにくいという事。

以前の場合なら、

youtuberの数も少なく、

ルックスなど一切関係なく、

売れる可能性も高かったのに対し、、、

今ではyoutuberの参入者が多く、

同じような動画をアップ人が沢山出てきた事により、

youtuberを選ぶ視聴者側も、

“ルックスの良い方”を観る傾向があるとの事。

まぁ、確かに、

同じような番組が2つあったら、

出演者のルックスが良い方を選ぶのは、

自然な流れかもしれません。

でも、この実態により、

これからyoutuberで売れる為には、

“ルックスが良くなければ不利”なので、

難易度が高いのは言うまでもありません。

そして、次に2つ目の壁は、

広告収入を得る為の再生回数を増やす為に、

“体を張らなければいけない”という実態。

これもかなり残酷でしたが、

まさに“売れない芸人”が体を張って、

毎日、毎日、毎日、ネタを必死に考えて、

カメラの前で動画を作り続けるという事です。

その過酷なネタの一部とは、

私が観た事ある内容も含めると、

以下のような感じです。

■歯磨き粉でアイスを作って食べる

■激辛ソースでためた湯船に入る

■高圧洗浄機で歯を磨く

などなど・・・。

この他にもいっぱいあるので、

紹介するとキリがありませんが、

これらのネタを毎日必死に考えて、

体を張って一人で撮影するのは過酷です。

実際問題、

youtuberの多くは、、、

毎日毎日、必死にネタを考え続け、

カメラの前で体を張って撮影をしまくり、

その後は一人で動画を編集し続けているとの事。

(もちろん、動画編集スキルも必要になります・・)

こんな過酷な事をやり続ける訳なので、

毎日毎日、時間に追われ続けながらも、、、

それでいて動画の1再生による広告収入は、

専門家の分析解説によると、

わずか0.04円程しか稼げないのが実態。

もし1万再生されたとしても、

たった400円しか稼げません。

10万再生されたとしても、

たった4,000円しか稼げません。

100万再生は、夢のまた夢の話で、

実際のyoutuberの多くは、

10万再生にも満たないのが現状との事。

つまり、副業で取り組んでも、

費やした時間の割にリターンが少な過ぎで、

脱サラして本業で取り組んでも、

家賃すら払えない収益レベルというのが現実。

実際問題、

今のyoutuberの多くは、

“ネタ切れ”に恐怖を感じ続け、

“将来への不安”に怯えているとの事。

稼ぐ為に体を張り続け、

稼ぐ為に必死にネタを考え続けるのは、

「芸人と変わらないのではないか?」

と私は思いました。

そして、芸人の世界と同じように、

売れて生活できるようになれるのは、

“ほんの一握り”の人間だけ。

一攫千金の夢はあるかもしれませんが、

毎日、毎日、時間に追われ続け、

“ネタ切れ”や“金銭的な不安”を抱えていては、

「心の平穏」は得られないでしょう。

本物の「最高の自由」とは、、、

“お金の不安が減るほどの収入”を安定的に手にして、

毎日毎日、“好きに使える時間”が溢れていて、

“将来に対しての希望”も満ち溢れている状態。

それでいて、

“自分の大切な家族や愛する人”にも、

堂々と胸を張って説明出来る仕事をする事だと、

私は強く思っています。

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る