副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

肥満体型は「1億円」をドブに捨てている

2015年10月16日 成功マインドセット

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@新都心のカフェより・・・)

最近、ちょっと嬉しい事がありました。

それは1ヶ月前に受けていた、

健康診断の結果通知がようやく届き、

その紙に載っていた体重が、

ここ3年間で全く変わっていなかった事です。

私も起業して3年ほどになりますが、

起業後の体重を毎年維持できている事に、

一人でテンションが上がってしまいました。

(体にも異常はなく、Wで安心してますが・・・)

というのも、

起業する前にサラリーマンをしていた頃は、

年々、年を重ねていく事に、

明らかに体重が増えている実感があったので、、、

このまま年を取り続けると、

見苦しくブクブクしたおじさん体型のように、

「いつか太ってしまうんじゃないか・・・」と考え、

迫り来る恐怖に怯えていました。

しかし、起業してからの3年間は、

スリムな体型を維持する事ができています。

この理由を冷静に考えてみると、

日々、ビジネスノウハウを学びまくり、

「体のメンテナンス」や「コンディション維持」の重要性を、

しっかりと理解して行動しているからだと思います。

実際問題、

健康面だけでなく、ビジネス面においても、

「コンディションの維持」が出来るのは、

“収入の飛躍”にめちゃくちゃ重要な事です。

そして、

そのコンディションを維持する為には、

「日々の食事の摂り方」に、

意識してこだわる事が必要不可欠です。

普段から何も考えずに、

お酒を好きなだけ飲みまくり、

食べたい物をガンガン食べてたら、、、

(特にお金が増えると“美味しい誘惑”が多いので)

確実に“見た目的な問題”が発生してしまい、

ブクブクブクブクと太って見苦しくなります。

さらに仕事でのパフォーマンス力も低下し、

ビジネス面でも問題が発生します。

事実、食事をたくさん食べると、

その量を消化する為に、

体力がたくさん使われてしまい、、、

すぐに疲労感を感じてしまったり、

脳まで栄養がいき届かなくなってしまいます。

これにより、集中力は低下し・・・

仕事のパフォーマンスは激減します。

結果、作業の“生産性”が落ちてしまい、

収入アップも遠のいてしまいますので、、、

「収入をアップさせたい!」と思ったら、

アルコールの飲み過ぎは論外ですが、

食事の食べ過ぎに関しても、

しっかりと注意すべきです。

実際問題、

「飲み過ぎの危険性」に比べ、

「食べ過ぎの危険性」に関しては、

意外と軽視されていますが、、、

食事をたくさん食べてしまうと、

“見た目”が見苦しくなるだけでなく、

ビジネス面においても、

大きなデメリットが発生します。

そもそもの話、

我々成人男性の1日の平均摂取カロリーは、

2,000キロくらいと言われておりますが、、、

今は、ファミレスの定食を1回食べただけで、

すぐに1,000キロカロリーの大台を、

軽々とオーバーしてしまう時代です。

しかもコンビニで売られている菓子パン等も、

500キロをオーバーする物が勢揃いです。

(食事以外で、つい買ってしまうアレですよ!)

つい最近も、

コンビニで見かけたデカいメロンパンの裏に、

850カロリーと記載されていました。

(見た瞬間、Wow!オーマイガッ・・・状態でした)

こんな誘惑だらけの時代に、

毎日しっかり3食摂っていると・・・

確実にカロリーオーバーです。

さらに“3時のおやつ”をちょっと食べたり、

“晩酌のビールやおつまみ”を少し摂ってしまうと、

ブクブクブクブク・・・と太り続けます。

だからこそ、

日頃から“何も考えずに食事を摂る”のではなく、

自分自身でしっかりと「責任」を持ち、

意識して食事を摂らなければいけない訳です。

事実、アメリカの大企業の世界では、

見た目が“太っている人”は、

「自己管理が悪い!」と、

一方的に会社側に判断され、、、

“出世できなくなる”というシビアな環境が、

一般常識にすらなっています。

冷静に考えてみてください。

“太っている”というだけで、

ビジネスでの飛躍が絶望的になるのは、

あまりにも酷な話だと思いませんか?

でも、逆を言えば、

“太っていない”だけで、

ビジネスの世界では有利に戦う事ができ、

それだけ飛躍のチャンスが広がる訳です。

だからこそ、

日々の食事の摂り過ぎに注意し、

「コンディションの維持」を常に心がけ、

“最高のパフォーマンス”に磨きをかける。

このマインドを常に徹底する事で、

ビジネスの世界で飛躍していく「確率」が、

確実にアップしていくでしょう。

さらに日々のお金の消費面においても、

某ダイエット商品の深夜番組では、

「肥満は生涯で1億円を損する!」とまで、

堂々と警告されております。

という事でこれからは、

毎年の健康診断通知書に記載されている、

“体重の項目”は必見ですね♪(笑)

中村洸一

「追伸」

ちなみに私のこれまでの経験上、

大きな仕事などが入っている大事な日は、

事前の食事を抜いたり少なめにした方が、

良い結果が出ています。

そんな経験が何回も続いた事もあり、

今では大きな仕事が入っている大事な日は、

出来る限り食事を抜いて、

ベストコンディションに調節しています。。。

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る