副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

「仕事の生産性」を確実にアップさせる“最強の時間管理術”

2015年4月18日 時間管理テクニック

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@宜野湾のとある公園ベンチより・・・)

「電話、全然取らないな~?」

「既読無視か?ヒドイな~!!」

これは私が、

いつも友人や嫁によく言われるセリフです。

事実、普段の私は、

携帯電話になかなか出ません。

友人からのLINEメッセージにも、

既読無視は当たり前で、

24時間以上に渡って、

既読すらにならない事も日常茶飯事です。

嫁からの電話やメール、

LINEのメッセージも同じです。

なぜ、こんな事になってしまうのか?

その理由は2つあります。

一つ目は、

常に携帯電話の電源をオフにしていたり、

音やバイブが全く鳴らない、

サイレントモードにしている為、、、

電話音やメッセージ音に、

即時に気が付く事がほとんど無い事。

そして二つ目は、

何かの仕事をやっている時、

目の前の作業にめちゃくちゃ集中している為、

返事を返すのが遅れてしまう事。

この2つの理由が重なり、

基本、私は携帯電話へのレスポンスが遅い。

もちろん、

前まではそうではなかった。

電話が鳴ればすぐに出て、

LINEやFacebookのメッセージ音が鳴れば、

すぐに作業を中断して見る。

そんな生活を何年も送っていた。

しかし、

それでは「生産性」が悪い事に気が付いた。

多くの一般大衆たちは、

電話が鳴ると条件反射的に、

やっていることを全て中断して電話に出る。

電話以外でも、

LINEやFacebook、メール等も一緒。

携帯電話を持っている以上、

いつでもどこでも電話が鳴る。

でも、、、

“一般大衆と同じような収入”

になりたく無いんだったら、

そのようにかかってくる電話やメッセージに、

「反応」してはいけないと私は思った。

その結果・・・

電話の場合だと、

折り返しかける時間を、

生産性のある作業を終えてから、

まとめて処理する習慣を作った。

LINEやFacebook、メールも同じで、

電話の次の優先順位として、

まとめて処理する習慣を作った。

事実、私は、、、

たったこれだけの習慣を作った事で、

「生産性の高い時間」を最大化でき、

収入がどんどんアップしていった。

もうこの習慣を、

2年くらい続けているが、

家族、友人、実家の母親との関係性で、

全く何の問題も起きていない。

ただ、収入がアップしているだけ。

これは今の私の価値観ですが・・・

目の前の作業に対して、

めちゃくちゃ集中した1時間というのは、

一般大衆の8時間くらいに、

“匹敵する価値”があると思っているくらいです。

だからこそ、

いつも身近にある携帯電話という存在は、

“生産性を奪う大敵”だと思っています。

あなたも携帯電話という大敵に、

大切な“生産的時間”を、

たくさん奪われていませんか?

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

  1. 花上 より:

    貴重な時間を効率よく使えるので、すごい効果が出る日常になる、と思います。

  2. さとルン より:

    僕の場合、即対応が売りのビジネスをしますので、クライアントからの電話には即反応してしまっています。

トップページに戻る