副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

お得な情報を常に集められる「秘密の買い物テクニック」

2015年8月17日 社長のお金話

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@沖縄の自宅書斎より・・・)

今日は“お得な情報”を常に集められる、

「秘密の買い物テクニック」をシェアします。

この手法は、ジャンル問わず、

様々な買い物の際に、

大きな効果を発揮しますので、

是非、参考にして欲しいのですが、、、

まず、一般的な考えとして、

“お得な買い物”と聞くと、

真っ先に頭の中に思いつくのが、

「値切り」で安く買う事だと思います。

これは実際に私も、

貧乏サラリーマン時代に、

いろんな場所で値切り交渉をしていたので、

気持ちはよく分かります。

でも、経営者になった今は、

値切り交渉は行いませんし、

あの頃も値切りなんてしなければ良かったと、

本気で後悔しているほどです。

というのも、、、

今では「ある秘密」を見つけた事で、

値切った金額よりも遥かにお得な情報を、

確実に得れているからです。

その秘密とは、

“お店の利益になるような買い物”をすること。

つまり、、、

お店の人に好かれることです。

実際問題、商売である以上、

お店側は利益を出さないといけません。

当然、働いているスタッフの人件費もあるので、

そこで買い手が値切ってしまうと、

商品が売れたとしても、

お店の利益が減ってしまう訳です。

つまり、値切りをやってしまうと、

一見、買い手側は「お得な感じ」を受けますが、

実は将来的にかなりの損失になります。

なぜなら、、、

値切ったわずかな小銭だけを得して、

それ以上は何も得られないので、

めちゃくちゃ価値の低い消費になるからです。

逆に、、、

“お店の利益になる事”を考えて、

“定価で気持ちよく買い物”を続けると、

お店の人と仲良くなる事ができます。

すると「お得な情報」が入り続けます。

普通のお客さんとは全く違った、

特別なVIPサービスを、

こっそりと受ける事ができるようになります。

私の実例を挙げると・・・

アパレル店の場合では、

大人気で即完売した最新作のお洒落な服でも、、、

私が欲しがっていた事を伝えると、

ありとあらゆる手を使って店長が探してくれて、

特別に他の客には内緒で、

こっそりと1着だけ用意してくれたりします。

さらに、即完売が予想される最新作の入荷日はもちろん、

私の個性や趣味を押さえてくれている店長が、

私の為に最新作のベストコーディネートまで、

特別に用意して提案してくれたりします。

次に美容室の場合だと、

毎回、指名している店長が、

いろんなヘアスタイルの提案をしてくれたり、

髪のセットの裏技情報を教えてくれたり、、、

商品メニューには一切載ってないのに、

ヘッドスパまで特別にやってくれます。

さらには、髪を切りながら、

プライベートな会話もするので、

店長がいきつけのグルメな店情報まで、

いろいろと紹介してくれます。

その店に実際に行く事を伝えると、

店長が店側に事前に連絡を入れてくれて、

一押しのメニューやデザートなどを、

店側が特別サービスとして用意してくれます。

他にも家電量販店の場合だと、

いつも同じコーナー長から買う事で、

こっちは何も言ってないのに、

めちゃくちゃ安くしてくれたり、、、

開店と同時に即完売する目玉品情報を、

チラシなどに掲載される前に教えてくれたり、

当日、並ばずに好きな時間に来店して買えるようにと、

特別に取り置きしてくれたりします。

(めちゃくちゃ時間が節約できます!)

他にもレジで会計をしていると、

非売品のサプライズアイテムを、

他の客には内緒で、

大量に袋に入れてくれたりします。

と、このように、

他にも紹介しきれないほど、

たくさんの実例がありますが、、、

“お店の利益を考えて買い物”をすると、

結果的にお店の人に好かれるので、

他のお客さんが一生味わえないような、

プライスレスでお得な情報が手に入ります。

重要なポイントとしては、

あっちこっちで買い物せずに、

“一軒に集中して常連になる事”と、

“店長から買うようにする事”です。

この2つのポイントを押さえた上で、

“お店の利益になる事”を考えて、

“定価で気持ちよく買い物”をすると、

あなたもお得な情報を手に入れる事ができます。

売る側と買う側という関係だけでなく、

「人間と人間の付き合い」をする事で、

連絡先まで交換して遊びに行ったり、

友達関係に発展する事にもなります。

これは値切り交渉をしていたり、

あっちこっちで買い物をしていると、

絶対にありえないと断言できる、

めちゃくちゃ価値の高いリターンです。

このポイントを押さえずに、

いくらたくさん買い物をしたとしても、

本物の常連にはなれません。

モノはたくさん溜まっても、

それ以上の“楽しい体験”は何も得られません。

つまり、、、

“死んだお金”と一緒です!

その先に何も生まれないような、

死んだお金を使う買い物をするのは、

“つまらないお金の使い方”だと思いませんか?

中村洸一

「追伸」

特に昨今の世の中では、

“死んだお金”と同じような、

“つまらないお金の使い方”をする人が、

急激に増えているのをご存知ですか?

>>>知らなきゃヤバい「死んだお金の使い方」はこちら

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る