副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

我が子に行なうべき「お金の教育」の重要性

2015年4月19日 社長のお金話

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@恩納村のカフェより・・・)

子を持つ親としては、

きっと「子育ての難しさ」を、

日々、痛感している事でしょう。

実際問題、

私も10年くらいパパを経験してきて、

小4の長男こうきと、小1の次男ひかるの育児を、

今も毎日毎日奮闘中ですが、、、

子育てって、

めちゃくちゃ難しい!!!

WEBビジネス以上に難しい(苦笑)

野菜をよく残す。

宿題をちゃんとやらない。

言うことをなかなか聞かない。

こりゃ、難しいよ・・・(泣)

男はつらいよ・・・・(泣)あ、間違えた!

中村はつらいよ・・・(泣)

恐らく、

一般的な会社員のお父さんよりも、

家にいる時間も多く、

学校行事にも皆勤しているのに、、、

あ~、難しい!!!

こればっかりは、

もっと勉強が必要だと思っています。

主婦の人って、

「本当に凄いなぁ」と、

いつも痛感しております。

そして、子を育てる父親の事も、

本当に尊敬しています!

お互い、頑張っていきましょう!

それでは、よい休日を!!!

中村洸一より

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

いやいや、ちょっと待ってよ中村さん!

早い!まだ終わるな!!

もう少し何か、子育てノウハウあるんじゃない?

(by:子を持つ読者の声)

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

ここで終わると、

今日の記事を読んだ読者さんから、

そんな心の声が聞こえてきそうだ。。。

(by:中村の勝手な予測)

という事で続きます・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・

Dear:子を持つ読者さんへ。

あっ、そうですか!??

もうちょっと何か欲しい感じですか?

わっかりました~!!!

では、全般的な子育てノウハウは、

主婦の方が凄い持っていると思うので、、、

私が比較的得意にしている、

「お金の教育」について、

ちょっとしたノウハウを少しだけしますね!

(ちょっと落語みたいになってきましたが・・・)

将来、我が子に“お金に苦労する人生”を、

絶対に送って欲しくないと思う場合、

親は小さい時から、

「お金の教育」をするべきだと私は思っています。

子供というのは、

親の言葉ひとつで、

“お金に対する価値観”が変わります。

なので、子供の頃から、

“お金の大切さ”を教育する事で、

子供の将来が変わると思います。

実際、私もビジネスが大好きなので、

我が家の夕食の席では、

ビジネスの話や経済の話が、

結構な頻度で飛び交っています。

このハンバーグ美味しい!最高~!

そんな話も少しは出ますが、

その話題よりも、

ニュースでやっている企業の黒字・赤字話や、

自分の会社の商品の売れ行き話など、、、

ビジネスの話が、

結構な頻度で飛び交っています。

子供の頃から、

ビジネス用語や経済用語、

黒字・赤字の話を、

日常的に耳にしていたら、、、

きっとビジネスニュースに関しても、

自然と理解力が上がると思います。

ビジネスに興味を持つ事で、

日常的にお金を意識するようにもなると思うので、

大人になって「お金を作る」ときにも、

他よりも圧倒的に有利になるはずです。

実際問題、私の息子二人も、

家のすぐ近くにある自動販売機で、

110円で売られているコーラと、、、

少し歩いた先にあるディスカウント店で、

毎週1回、特化価格で売っている、

49円のコーラの“価格差”に、

異常に興味を持っています。

あのお店から49円で買って、

販売機作って110円で売ったら、

61円も儲かるんじゃないの?

パパ、自動販売機作って~!!!

そんな事をよく言われます。

あまりにも興味を持っているので、

本当に自動販売機を作ろうかを、

私も真剣に迷っているくらいです。

(実際、いくらで作れるんだ!??)

こうなったのも、

お金を稼ぐビジネスの話を、

食卓でよく話しているからだと思います。

と、このように・・・

あまり徹底的にやり過ぎるのも、

良くないとは思いますが、

子供に対しては、日頃からちょっとした事で、

「お金の金銭感覚」を身につけさせる事ができます。

私は休日になると、息子二人を、

たまにラウンドワンに連れて行って遊びますが、

その時でも、帰りの車では、

こんな会話をよくしています。

私:

「いや~楽しかったね!楽しかった?」

息子:

「うん。楽しかった!」

私:

「1年で、何回ラウンドワンに行きたい?」

息子:

「ん~、50回くらい!」

私:

「50回行きたいなら、●●万円必要だね!」

息子:

「え、そんなに!??」

私:

「お金があると楽しい事がたくさん出来るね~!」

息子:

「あっ、そうか~!!」

私:

「お金は大事だから、大切にしようね~!」

息子:

「は~い!!!」

以上、再現トークのクオリティは、

ちょっと素敵な感じですが、、、

(実際は、こんなに良い返答ではありません:苦笑)

そんなニュアンスの会話をしている事で、

息子の頭の中には、

「楽しい事をするにはお金が必要」という事が、

認識できるようになるはずです。

無駄に使う事を避け、

“お金を大切に使う気持ち”が、

絶対に芽生えると思います。

子供の立場としても、

小さい内というのは、

自分から進んで“お金の勉強”ができません。

だからこそ、

親がしっかりと教えて必要があると思います。

それに、

親が子に“お金の教育”をする事で、

親自身も“お金への感覚レベル”も向上するので、

一石二鳥だと思いませんか?

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る