副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

お酒で健康を壊した「恐怖の体験実話」

2015年10月13日 Web作業術

Pocket

こんにちは、中村洸一です。
(@浦添のスターバックスより・・・)

今から3年ほど前、
「健康診断の通知書」が届いた時のこと。。。

当時、起業したてだった私は、
茶色い封筒を恐る恐る開き、
中身の診断結果を見てみる。

するとデカデカと目立つ字で、
こんな言葉が書かれていた。

要確認!再検査に行ってください!

「恐っ!!!」と思い、
再検査の内容を見てみると、
肝機能の数値が平均値の数字よりも、
かなり上回っていたのが原因だった。

もちろん、心当たりはあった。

当時は起業したてだった事もあり、
サラリーマン生活から解放された私は、
テンションが上がり、平日も週末も関係なく、
とにかく自由に飲みまくっていた。

さらにサラリーマン時代から引き続き、
ずっと癖がついていた、
週末はストレス解消に飲みに出て、
それ以外の平日も軽く晩酌する。

そんな生活を何年も続けていたので、
ついに肝機能がヤバイ事になってしまったと、
一人で絶望感に陥っていた。

とにかくビビリまくっていた私は、
翌日すぐに病院に再検査に行ってみた。

穏やかな火曜日の朝、
静かな診察室の前で私は、
ドキドキしながら呼ばれるのを待った。

中村さん、どうぞ~!

テンション低めの看護婦に呼ばれ、
心臓がバクバクさせながら診察室に入ると、
見た目年齢60歳以上のおじいさんで、
いかにも頑固そうな白衣の先生が座っていた。

頑固な先生:
「はい、どうしましたか~?」

中村:
「肝機能の数値が悪くて、再検査に来ました。」

頑固な先生:
「はい、通知書見せて!」

中村:
「こちらになります。」

頑固な先生:
「はい~、なるほど、こりゃ悪いね!」

中村:
「そ、そうなんですか・・・」

頑固な先生:
「解決策は分かってるよね?」

中村:
「お酒の量を減らす事でしょうか?」

頑固な先生:
「お酒を辞めればいいだけ!はい以上~!」

中村:
「え、先生!完全に辞めるって事ですか?」

頑固な先生:
「それしかないでしょ!他になんかある?(怒)」

中村:
「休肝日を増やし、お酒の量を減らすのは?」

頑固な先生:
「早く死にたいなら、そうしなさい!(怒)」

中村:
「先生~(泣)付き合いもありますし・・・」

頑固な先生:
「付き合い?さんぴん茶を飲みなさい!(怒)」

中村:
「先生~(泣)たまに晩酌で一杯もダメなんですか?」

頑固な先生:
「晩酌?炭酸水を飲みなさい!(怒)」

中村:
「先生~(泣)お酒が無い人生なんて地獄です!」

頑固な先生:
「お酒と長生き、キミはどっちを選びたいかね?!(怒)」

中村:
「ほんの少量のお酒を月1だけでも・・・」

頑固な先生:
「希望が簡単に通るほど、世の中は甘く無い!(怒)」

中村:
「せ、先生~~~(泣)」

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

と、このような流れで、
完全にノックアウトされた私は、
頑固な先生の言う通りに、
とりあえず3ヶ月くらいお酒を辞めてみた。

そして、
今まで一番の楽しみだったお酒の代わりに、
何か気晴らしになる事を探した結果、
運動をするようにしてみた。

それまでは月~金でガンガン働き、
週末の夜は居酒屋でストレスを発散して、
休日は昼までバタンキュー。。。

そんな生活スタイルだったのに対し、
今度は新たにスポーツジムに通い、
運動でストレスを発散する生活にしてみた。

すると、、、

毎日の体調がめちゃくちゃ絶好調になり、
仕事のパフォーマンスも向上しまくった。

付き合いで行く飲みの席でも、
お酒を全然飲まなくても、
さんぴん茶で酔っ払ったフリをする事で、
意外とその場も楽しめる事ができた。

そして、お酒の代わりに運動をするという、
新しい生活習慣を3ヶ月取り入れた後、
私は再度、頑固な先生がいる病院に行き、
再検査をやってみる事にした。

1週間後に出た検査結果を見ると・・・
凄い事が起こっていた。

肝機能の数値が平均値に戻り、
かなりの健康状態になっていた。

この数値に調子に乗った私は、
休肝日や量を飲み過ぎない事をアプローチして、
先生の了承を得てお酒を復活させた。

そしてあれから3年が経った今では、
付き合いで居酒屋に行ったときでも、
飲み過ぎないように3~4杯くらいで抑え、、、

家での晩酌の際も、
基本、炭酸水にレモンを入れて飲み、
本物のお酒を飲む頻度を週1に減らした。

さらに、
お酒でストレス解消するという概念を捨てて、
運動でストレス解消するという考えに変えた。

その結果、、、

毎年の健康診断での結果は良好で、
あんなに悪かった肝機能の数値も、
今では常に平均値をキープできている。

週末の居酒屋を楽しみにして仕事を頑張り、
お酒を飲みまくってストレスを解消する。
そんな事って、よくありますよね?

特に何の運動もせずに、
月曜から金曜までバリバリ働き、
週末の夜は酔っ払うまでお酒を飲んで、
休日は昼までバタンキュー。

こんな生活を続けていると、
過去の私のように健康面を害するだけでなく、
ビジネス面でも悪影響を及ぼします。

特に我々のようなWebビジネスマンは、
普段から体を動かさずに・・・
頭ばっかり使う職業です。

こんな生活なのに、
運動をせずにお酒ばかり入れていると、
パフォーマンス力は大幅に低下し、
収入アップは確実に遠ざかるでしょう。

なぜなら、、、

脳の疲労と体の疲労のバランスが、
めちゃくちゃ悪過ぎるからです。

はっきりと断言できますが、
軽い運動を意識して取り入れた方が、
脳と体の疲労バランスが一致して、
睡眠の質が高まり、ストレスも減ります。

運動といっても、
大掛かりなマラソンじゃなくて、
軽いウォーキングで全然OKです!

家の近所を少し早歩きで、
1時間くらいウォーキングするだけでも、
脳の疲労と体の疲労のバランスが一致し、
睡眠の質が高まり、ストレスが減ります。

でも一番オススメなのは、
スポーツジムに通う事です。

毎月毎月、会費を払う訳なので、
お金をドブに捨てない為にも、
嫌でも運動する状況が作れるからです。

さらにウォーキングだけじゃなく、
筋トレもセットでする事ができるので、
強制的に体を鍛える事ができます。

もちろん、自分の意思が強い人なら、
ジムに行かなくても良いですが、
どちらにしても週に2回くらいは、
運動を取り入れてみてください。

そして、
お酒でストレス解消する概念を捨て、
運動でストレス解消する概念を持てば、
確実に収入は飛躍するでしょう。

私自身もこの習慣に出会えた事で、
日々のパフォーマンス力が向上し、
収入がどんどんアップしておりますので、
是非、参考にしてみてください。

サイン

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

  1. YS より:

    何故か
    わからないけど気になって
    中村さんのメルマガを開きました。

    今、中村さんの本を買おうかどうか思案中です。

トップページに戻る