副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

ジュラシックパークの評価がヒドい話

2015年8月21日 週休4日の自由なライフスタイル

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@那覇のオフィスより・・・)

つい昨日、全世界で大ヒットしている、

ジュラシックパークシリーズの最新作、

ジュラシックワールドを観に行ったのですが、、、

この映画は、長い映画史上の中でも、

オープニング総興行収入のスピードが、

“歴代新記録”を更新中で大ヒットしている、

メガトン級の映画作品です。

というのも、

32歳の私と同世代のあなたなら、

あの“20年前の衝撃”を覚えているはず。

映画の歴史に革命を起こした、、、

あのジュラシックパークを。。。

当時の私は小学校6年生でしたが、

あのジュラシックパークを映画館で観て、

飛び上がるほど絶叫しまくったのを、

今でも鮮明に覚えています。

あれから20年の月日が流れ、

閉鎖されていた“あの禁断の恐竜テーマパーク”が、

遂にオープンするという事もあり、、、

夏休み中の長男こうき(小4)と、

息子ひかる(小1)を引き連れて、

3人で心をワクワクさせながら、

映画館に行ってきました。

そして映画館に着くと、

左手に持っていたポップコーンが、

ブルブルと震えてしまうほど、

テンションMAXで上映ルームに入りました。

そして照明が消え、

いよいよ本編がスタートしたのですが、、、

結論から言うと、

二人の息子以上に、大人である私が、

一番絶叫して楽しんでしまいました。。。

超超超!スゴい映画です!

息子2人を喜ばす為に、

3Dの吹き替え版で観たのですが、

もうめちゃくちゃ最高でした!

スゴ過ぎる映像技術、

テンポ抜群のストーリー展開、、

迫力満点のダイナミックなBGM、、、

いや~とにかく凄かった!

主演女優のブライス・ダラス・ハワードさんが、

キャラといい、ルックスといい、

もう個人的に大好きです!

そして、実際のストーリーの方も、

緊迫した恐怖とシリアスな展開の中で、

ちょいちょい入れてくるギャグが、

もうたまらなく最高で笑えます!

さらに、恐竜テーマパークの様子も、

めちゃくちゃ夢がある壮大なスケールで、

恐竜達が3Dのスクリーンから飛び出し、

目の前で暴れまくって絶叫します。

あと、途中にど迫力で流れる、

ジュラシックパーク時代のBGMには、

20年前の衝撃も同時に蘇り、

涙腺がゆるんで鳥肌号泣でした。

ただ、一つだけ残念だった事は、

映画の途中に“小”が我慢できなくなり、

トイレに行ってしまった事です。

その用を足している最中も、

劇場からの爆音がトイレに鳴り響き、、、

あ~!早く戻りたい!!!

と、トイレで一人焦ってしまって、

いつもより秒速でチャックを締めた事で、

急所をグサッといってしまいました(泣)

でも劇場に戻ると、

その痛さが一瞬で吹き飛びました!

もう何もかもが、

いちいち面白く、いちいち最高で、

素晴らしい映画でしたね~!

よく、ジュラシックパークのような素敵な映画が出ると、

一部の熱心な映画ファンやコアな方の評価として、

批判的な声が上がるものです。

ストーリーの先が読めて面白くない!

とか、、、

20年前の作品を、

ただ焼き直しているだけの映画!

とか、、、

とにかくいろんな批判的な声が、

どうしても上がってしまいます。

もちろん価値観は人それぞれなので、

どんなに優れた作品を作っても、

視聴者全員を評価的に満足させる事は不可能です。

ただ、わずか2時間5分で、

眠っている“子供心”を呼び覚まし、

無邪気に楽しめる映画作品は、、、

最近やっている映画の中で、

今回のジュラシックワールド以上には、

存在しないと私は思います。

私たち大人は、

いくつになっても遊びが大好きで、

いくつになっても“子供心”が眠っています。

日常生活を歩んでいると、

いろんな問題に直面したり、

いろんな悩みを抱えたり、

いろんなトラブルに見舞われます。

このストレス社会を歩む上で、

日々、“子供心”は失われ、

無感動な毎日を歩んでしまいがちです。

でも、そんな時代だからこそ、

いくつになっても遊びは必要です!

きっとあなたも子供の頃は、

嫌な事なんてすぐに忘れるほど、

遊ぶことに夢中になれましたよね?

その“子供心”は、

大人になっても消える事なく、

いつまでも心に眠っています。

その“子供心”を呼び覚ます事で、

あなたに元気なパワーを与えたり、

あなたの嫌な事を一瞬で吹き飛ばしたり、

より人生がエネルギッシュに楽しめる訳です。

そんな眠っている“子供心”を、

呼び覚ましてくれる超簡単な方法の一つとして、

今回話したジュラシックワールドは、

超オススメです!

“子供心”を呼び覚ます為には、

一部の批判的な声の人達ように、

ストーリに変化球を求める必要はありません。

“150キロの豪速球”を、

連発で決めてくるストレートな展開こそ、

気持ちよく“子供心”を呼び覚せます!

もちろん私も、

変化球連発系の映画も大好きですが、

“子供心を呼び覚ます目的”で観る映画には、

「150キロのストレート連発系」が一番です!

ここ数年で観てきた映画の中では、

このジュラシックワールドが、

NO.1で“子供心”を呼び覚ませるので、、、

まだ観ていない場合は、

要チェックですよ~!!!

あっ、くれぐれも私のように、

途中で“小”が我慢できなくなり、

トイレで急所をグサッとしないように、

注意してくださいね。。。(笑)

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る