副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

保険会社の「裏側」とは?←知らないと大金を損します!

2015年8月8日 社長のお金話

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@沖縄の自宅書斎より・・・)

あなたは今まで、

不思議に思ったことはありませんか?

なぜ人間は“生命保険”を必要とし、

「生命保険会社」にお金を払うのか。

生活保険文化センターの調べによると、

日本人の生命保険の加入率は、

実に90.5%にも及んでいます。

もちろん、一般的な部分として、

「万が一の時に備えて!!!」

という考えが多いのは理解できます。

でも、保険会社に毎月支払う、

“金銭的リスク”の裏側部分に目を向けると、

この「一般常識」が、

本当に正しいとは限らないと私は思います。

なぜなら、

我々人間は、そう簡単には死なないし、

そう簡単に入院する事がないからです。

特に独身者や、

子供がいない夫婦の世帯では、

収入が途絶えて困る確率が低い。

そして死亡する確率に関して言えば、

厚生労働省が発表している、

平成25年度簡易生命表では、

以下のデータが明らかになっている。

【65歳まで生存する人の割合】

■男性 88.0%

■女性 93.9%

この根拠あるデータを見る限り、

日本人のほとんどの場合は、

65歳まで生きている可能性が高い事になる。

もしマイホームを購入し、

住宅ローンを組んでいたとしても、

通常は団信保険に加入する事になるので、

万が一、返済途中で死亡したとしても、、、

残金は団信保険で一掃されて、

残された家族には住居費がかからない。

サラリーマンの世帯であれば、

遺族基礎年金や遺族厚生年金も払われる。

さらに会社での勤務中の事故にあった場合、

会社から労災保険も支払われる。

死亡確率も極めて低く、

生命保険に入らなくても、

いろんな公的保証制度を受けられる。

さらに、

健康保険も日々、進化しており、

公的保険でまかなえる治療法も、

どんどん広がっている。

この先、実際に何かの治療を受けるとき、

それが健康保険でカバーされた時は、

生命保険の必要性に疑問を感じ、

後悔する人も少なくないはず。

経営者の立場になると、

目の前にあるいろんな物事に対して、

「確率」の視点で考える事がよくある。

人生設計においても、

その「確率」の部分で考えてみると、

人間はなかなか死なないし、

入院する可能性もかなり低い。

そう冷静に分析してみると、

毎月毎月、1~2万円というお金を、

生命保険会社に払うより、、、

そのお金を自分の銀行口座に貯めていたり、

堅実な自己投資に充てていった方が、

将来的に自由に使えるお金が増えるので、

「確率」としては賢い選択だと私は思う。

「生命保険に入るのは常識!」

そんな保険会社が作ったマーケティング戦略に、

あなたは思考停止していませんか?

中村洸一

「追伸」

今回の生命保険のように、

“世の中の一般常識”が、

必ずしも正しいとは限りません。

“一般常識”を疑って物事を考えてみると、

収入アップのビッグチャンスが、

意外と簡単に到来するかもしれません。

この話のように・・・

>>>“一般常識”を疑ってビッグチャンスを掴んだ話

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る