副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

ホーム » 起業 » 

「逃げる」に隠された起業成功のヒント

2015年3月14日 起業

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@名護の道の駅より・・・)

「若い時の苦労は買ってでもせよ」

この有名な“ことわざ”にもあるように、、、

若い時にする苦労は、

貴重な経験となり、将来に役立つものだから、

“求めてでもする方が良い”と、

一般的には言われております。

実際問題、

私自身も、この“ことわざ”の通り、

20代の社畜だった頃は、

がむしゃらに苦労を買っていました。

そして30代になり、

会社の社長になった今振り返ると、

“ある不思議な現実”を、

実感する事になりました。

それは、、、

20代の社畜だった頃は、

「苦労に」逃げていて、

30代の社長になった今は、

「苦労から」逃げている事です。

一見すると、

同じように思えるかもしれませんが、

この両者の意味は“全く別もの”です。

20代の社畜だった頃は、

とにかく苦労を買っていた。

苦労すれば、

収入が上がる事を信じていた。

しかし、社長になった30代の今は、

できるだけ苦労せずに、

楽をして生きていける為だったら、

それこそ命がけで苦労している。

明日以降は、

今日までと同じ苦労をしなくて済むように、

めちゃくちゃ苦労して頑張る。

20代の社畜だった頃は、

苦労そのものを評価してもらおうと、

残業や休日出勤もたくさんして、

必死で会社にアピールしていた。

だけど、

給料は、ほとんど上がらなかった。

その結果、、、

会社に対し、不信感を抱き、

私はいつも不満を持っていた。

今思えば、、、

苦労する事自体に慣れて生活すると、

貧しくなる一方だった。

でも、社長になった30代の今は、

苦労から1日でも早く脱出する為に、

全力で苦労しているので、

結果、生活が豊かになれている。

当たり前の話ですが、

ビジネスは結果が全て。

どれだけ苦労したかなんて、

一切関係ない。

“100%の苦労”をして、

100%の結果を得る人間。

“10%の苦労”をして、

100%の結果を得る人間。

20代の社畜だった頃は、

前者だった。

社長になった30代の今は、

後者になっている。

“苦労に”逃げるのか?

“苦労から”逃げるのか?

めちゃくちゃシンプルだけど、

私の人生が豊かになれたのは、

たったこれだけの違いだった。。。

中村洸一

「追伸」

今回の話のように、

ビジネスで成果を出す事は、

難しいように思われがちですが、

実は、シンプルだったりします。

あまり難しく考えずに、

もっとシンプルに考えてみる事と、

意外と早く成功できるかもしれません。。。

>>>ビジネスを意外と簡単に「成功させる方法」とは?

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

  1. 大森 悟 より:

    私は今年で53才の自営業者です。
    毎年、この時期になると確定申告書類の作成に振り回されます。
    正直、あまり利益の出ない今の業種も正直考えもんです。
    女房からももう辞めたらと言われます。やめてアルバイトをするか
    ネットビジネスで生計をたてるのか。
    ブログだと文章力がない私にとっては苦痛です。でも、可能性に
    かけたいのです。
    若い時に苦労してきた私は、未だに家族を安心させる収入がありません。
    この歳になっても苦労してそこそこの収入が手に入ればいいかと。
    成功できる秘訣があればご伝授ください。

トップページに戻る