副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

大金を手に入れる為に必要な「黄金マインドセット」

2017年7月4日 成功マインドセット

Pocket

From:中村洸一
(@読谷のスターバックスより・・・)

━━━━━━━━━━━━━━
「七転び八起き」
━━━━━━━━━━━━━━

この「ことわざ」にもあるように、、、

人生には浮き沈みというものがあり、
調子の良い状態が一生続く事なんてありません。

たとえ今が上手くいかなくても、
この先には良い状態になるチャンスが訪れ、
たとえ今が絶好調だったとしても、
この先には不調になるピンチが訪れる。

人生はこれの繰り返しで、
たとえ何回失敗したとしても、
それに負けずに勇気を持って立ち向かい、
何度も何度も壁を乗り越える。

これが人生というものですが、
先日も何気なくTVを観ていたら、
ある芸人が興味深い事を言ってました。

■全然面白くない!

■早く消えて欲しい!

■1回も笑った事がない!

TVに出ている芸人に対して、
いつも一般人はボロクソに厳しく評価する。

このような厳しい評価を、
ボロクソに言いまくる一般人に対して、
ある芸人はこう言っていました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━
その「ボロクソに厳しい評価」を、
「自分の人生」に向ける勇気ある?
━━━━━━━━━━━━━━━━

この言葉を聞いた瞬間、
私はめちゃくちゃ共感しました。

事実、、、
この世の中を見渡してみると、
一般大衆より飛び抜けている成功者は、
一般大衆からボロクソに言われる事がある。

でも、一般大衆はボロクソ言うだけで、
周りと変わらない「平凡な人生」を送り続け、
周りから飛び抜けている成功者は、
周りよりも「特別な人生」を送り続ける。

結局のところ、
世の中には「この二通り」しかありません。

ボロクソに厳しい評価をするだけで、
周りと同じ「平凡な人生」を送り続けるのか?

それとも・・・

ボロクソに厳しい評価を受けて、
周りよりも「特別な人生」を送り続けるのか?

私が歩んでいる「社長」という世界は、
間違いなく「後者の人生」だと断言できます。

世の中の大多数の人間は、
誰かに雇われて「上限のある給料」をもらい、
周りと同じ「平凡な人生」を送り続ける。

しかし世の中の一部の人間は、
誰にも雇われずに「上限のない大金」を稼ぎ、
周りと違う「特別な人生」を送り続ける。

この「後者の道」となっているのが、
私が歩んでいる社長という世界です。

もしあなたもこの道を歩みたいなら、
社長になる人間に絶対に欠かす事ができない、
めちゃくちゃ大切なマインドを伝授します。

そのマインドとは・・・

━━━━━━━━━━━━━━━
【度胸】を持つ事です!!!
━━━━━━━━━━━━━━━

大多数の雇われている一般大衆と違い、
「一部の特別な社長」という人間だけは、
大多数よりも「特別な人生」を楽しめる。

そんな「特別な人生」を楽しめるからこそ、
一般大衆よりも厳しく評価される。

その一般大衆からの厳しい評価に、
堂々と立ち向かって行く【度胸】がなければ、
社長なんて辞めた方が良いです。

これはめちゃくちゃ重要なので、
私が中学の時に入っていた野球部を例にして、
分かりやすく説明したいと思います。

中学時代に私が入っていた野球部は、
3学年でトータル50人程の部員がいました。

その50人程の全部員の中から、
レギュラーとして試合に出れるのは、
「選ばれし9人のみ」です。

これだけの競争率がある訳なので、
同学年のレギュラーになる事も難しく、
1つ先輩の試合から出れるレギュラーなんて、
そりゃ最強レベルで難易度が高い状態。

そんな状況の中、
当時ファーストを守っていた私に、
とんでもないチャンスが巡ってきました。

なんと1学年上のファーストを守る先輩が、
たまたま別の学校に転校する事になり、
そのポッカリと空いたポジションを、
一気に狙えるチャンスが訪れたのです。

ここは勝負をかける覚悟を決めて、
日々の練習に全力で挑みながら、
私は監督に必死でアピールを続けました。

その結果・・・

1学年先輩の試合に出れる、
9人のレギュラーに選ばれたのです。

この選ばれし9人の内、
私と同じ同学年は「たった2人」で、
残り7人は1学年上の先輩です。

つまり、、、

私と同学年の部員達はもちろん、
3学年全体の部員達の目から見ても、
1学年上の先輩の試合から出れている2人は、
超絶うらやましい訳です。

そんな状態で試合に出ると・・・

ヒットを打たないとボロクソ言われ、
エラーすると“さらし者状態”です(笑)

試合に出れない41名の補欠達からは、
「ひがみ」や「嫉妬」なんて日常茶飯事で、
めっちゃ厳しい評価を受ける訳ですよ。

そんな状態で試合に出ていた私は、
なかなか試合でヒットを打てずに、
不調に陥る事もありました。

そんな不調時期のバッティング練習では、
監督が私の後ろにサァーっと立ち寄って来て、
ボソっとこう言いました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おい中村!!!
打たないとその背番号3が、
もうすぐ13に変わるぞ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この監督からの言葉を聞いた瞬間、
もし打たないで補欠になってしまうと、
41名の補欠達に笑われまくって、
「負け犬」になる姿が思い浮かびました。

そんな事になるのも嫌だったので、
何が何でもレギュラーを死守するように、
もがき苦しみながら練習に挑みました。

バッターボックスに立つ度に、
試合に出れない41名の補欠達から、
厳しい評価を受け続ける・・・。

そんな“さらし者”のような状態でも、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「お前らは一生ベンチに座っとけ補欠が!」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という思いでバットを強く握りながら、
ヒットを打つ為に試合に出続けました。

なぜなら、、、

そこには41名の補欠達には味わえない、
「最高に気持ちいい快感」があったから。

試合に出れる「選ばれしレギュラーだけ」が、
いろんな場面で「特別な扱い」をされて、
いろんな場面で「チヤホヤ」されまくり、
他の部活の女子からも「特別な目」で見られる。

レギュラーとして試合に出ている者だけが、
この「最高の快感」を味わっている。

だからこそ、、、
補欠達からどんな批判を受けようが、
その批判に堂々と立ち向かいながら、
ヒットを打つ為に試合に出続けました。

その結果・・・
めちゃくちゃ面白い現象が起きました。

なんと!!!

試合に出続ければ出続けるほど、
批判よりも「応援の数」が多くなり、
「味方の数」がどんどん増えたのです。

今、その理由を冷静に振り返ってみると、
周りよりも飛び抜けた「特別なステージ」で、
批判に堂々と立ち向かって「続ける人」は、
めっちゃカッコ良く見えるからだと思います。

極論を言うならば、
周りよりも飛び抜けた「特別なステージ」で、
「続ける」だけで輝きが解き放たれ、
「続ける」だけで応援する人が増え続ける。

ちょっと臭いセリフかもしれないけど、
これは自信を持って断言できる真実です。

つまり、肝心な点としては、
周りよりも「特別なステージ」で、
周りよりも「特別な人生」を送るには、
批判にも堂々と立ち向かう【度胸】が必要。

結局、【度胸】の無い人間は、
一般大衆と同じ「平凡な人生」しか送れない。

でも、その【度胸】の先には、
一般大衆が一生味わえないような、
「最高に気持ちいい優越感」が待っている。

だからこそ、、、
周りよりも「特別なステージ」で、
周りよりも「特別な人生」を送りたいなら、
とにかく【度胸】を持って挑むべし!!!

今日も明日も半年後も1年後も、
一部の「特別な人生」を送っている人間は、
一般大衆から厳しい評価を受けるでしょう。

そのボロクソに厳しい評価を、
自分に向ける【度胸】ありますか?

サイン

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る