副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

ホーム » 起業 » 

起業で成功する為に「絶対に外してはいけない重要ポイント」

2015年9月14日 起業

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@那覇のオフィスより・・・)

先日、深夜のローカル番組で、

面白いデータを発見した。

それは私が住む沖縄県が、

全国の中でもNO.1の数で、

「若者が起業している」

という統計データだった。

あまり今まで実感した事がなかったので、

ちょっと驚いたニュースだった。

ただ、、、

シリアスな問題もあった。

それは起業する若者は多いものの、

“成功していない人”の方も、

かなり多いというシリアスな問題。

統計データ上、

起業から3年目、5年目が山場となり、

“その山を乗り越えられる力”があれば、

10年目を超えられるケースが多いとの事。

ちなみに今の若者が起業で成功できない、

典型的なパターンとして挙げられてるのが、

“共同経営”での起業だった。

若者の場合、起業資金に余裕がなく、

仲間と一緒に資金を合わせて、

さらに知恵や力を合わせながら、

共同で起業する人が多いとの事。

が、しかし・・・

この“共同経営”が、

起業で成功できない大きな原因だった。

なぜなら、

“儲かった時”に仲間と喧嘩して、

“儲かってない時”も仲間と喧嘩するから。

つまり、、、

お金の取り分や経営戦略などで、

仲間との意見が食い違い、

大きなトラブルに発展するという事。

これこそが、

“共同経営の弱点”だと言えるでしょう。

価値観は人それぞれなので、

どんなに気が合った仲間だとしても、

“儲かった時”に「喧嘩するリスク」が高く、

“儲かってない時”も「喧嘩するリスク」が高い。

そして、

仲間と喧嘩してしまう「根本の理由」が、

実はもう一つある。

その大きな根本理由とは、

「リーダーを明確に決めていない」という部分。

仲間と一緒に“共同経営”した場合、

「誰がトップとしてリーダーをやるのか」を決めずに、

同じ立ち位置で経営をスタートしてしまう。

これが後々のトラブルを引き起こし、

起業で成功できない原因になっている。

“共同経営”による起業失敗の統計データ上、

リーダーを一人に決めて、

リーダーが引っ張る関係性が作れないと、

高確率で失敗している。

と考えると、

最初から“共同経営”の選択肢を外し、

自分一人がトップに立ち、

個人起業した方が成功する確率が圧倒的に高い。

特に今の時代は、

Webを使ったビジネスに取り組めば、

私のように自宅のPC1台だけで起業して、

会社の社長になるのも難しく無い時代なので、、、

最初は個人一人で起業した方が、

かなり賢い選択だと私は思う。

そして儲かってきた段階で、

従業員を雇ってレバレッジをかける。

正直、この流れが最強だと私は思う。

それに事務所を借りる家賃や光熱費、

さらに人件費、仕入れ代も不要なので、

銀行からの借り入れ無しでも、

身軽に簡単に起業をスタートできる。

Webビジネスを選択し、

最初は一人で起業する。

私が知る限り、

この“黄金ルート”で起業にチャレンジすれば、

誰でもリスクなく起業をスタートできるので、、、

もし今の若者が、

この“黄金ルート”を知っていれば、

その後の「起業の成功率」も、

めちゃくちゃ上がると本気で思う。。。

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る