副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

ドナルド・トランプ大統領は、日本を地獄に突き落とすのか?

2016年11月26日 成功マインドセット

Pocket

こんにちは、中村洸一です。
(@北谷のスターバックスより・・・)

今、世界中が大混乱に陥っている最中ですが、
あの暴言王としてメディアを騒がせている、
ドナルド・トランプ大統領が誕生しました。

ヒラリー氏との大激戦を制した事で、
これから先のアメリカ合衆国の新リーダーとして、
トランプ大統領が本格的に動き出す訳ですが、、、

私は今回の選挙戦のバトルを繰り広げた、
トランプ氏とヒラリー氏の両者の勝利後には、
「日本にはこんな影響があるだろうな~!」と、
先の展望を私はこう予想していました。

【ヒラリー氏が勝利した場合】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今までの日本とアメリカの関係性が大きく変わらずに、
「現状維持として無難な方向」に進んでいく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【トランプ氏が勝利した場合】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今までの日本とアメリカとの関係性が大きく変わり、
「予測不能な新らしい方向」に進んでいく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

正直、どちらが大統領になったとしても、
メリットとデメリットは確実にあると思いますが、、、

「日本の安全」という部分だけで考えれば、
今後も「日本とアメリカの関係性」を大きく変えずに、
「現状維持」で進んでいった方が、
「無難」だと思う人が多いのかなぁと感じていました。

出来る限り「トラブル」が発生しないように、
アメリカの「機嫌」を悪くしないように、
アメリカと「仲の良い関係性」を歩んでいく。

この手段を選んでいった方が、
日本への「リスク」が低いのは、
間違いない事だと私も思います。

でも、、、

その想いの裏でモヤモヤしていたのが、
今までアメリカの「言いなり」になってきた日本が、
堂々とアメリカに意見をぶつけられるようになる、
「新しいチャンス」を秘めていると思った部分です。

つまり、、、

あの暴言王として堂々と暴れている、
トランプ氏が大統領になった場合は、
今までよりも「強い日本」になれるチャンスが、
新しく広がると可能性があると思っていたのです。

実際問題、、、
戦争に負けた事が大きな原因にはなりますが、
今までの日本はアメリカに対して、
かなりイエスマン状態だったと思います。

サラリーマンの世界で例えるなら、
権力のある上司の機嫌を損ねないように、
いくら理不尽な事を要求されても、
出来る限り受け入れながら接していく。

権力のある上司に嫌われてしまうと、
職場での労働環境が悪い方向に進んでしまい、
自分自身へのデメリットが大きくなるからこそ、
イエスマン状態で上司と接していく。

自分自身の将来の為に、
愛する家族を守る給料を稼ぐ為に、
イエスマン状態で上司と接していく。

事実、こっちの接し方を選んでいった方が、
「自分自身へのリスク」が少なくなります。

が、しかし・・・

この接し方を選んでしまうと、
目の前で理不尽な問題が起こった時に、
上司に向かって本音をぶつける事ができずに、
フラストレーションが溜まりまくります。

言いたい事も我慢して言えずに、
心の中だけに溜め込んでいく日々が続き、
ストレスがどんどん溜まっていきます。

そのストレスの「はけ口」として、
酒やタバコを過剰摂取して体が悪くなったり、
嫁に当たって家族の関係性が悪くなったり、
仕事以外で様々な問題を発生させていきます。

つまり、、、

これと同じような状況の関係性が、
今までの日本とアメリカだったと私は思っています。

その代表例を挙げると、、、

日本とアメリカの間で交換されている、
「年次改革要望書」です。

これは日本とアメリカの両国が発展するように、
相手国の制度の問題点についてまとめたもので、
毎年交換されている「要望案」です。

両国の発展になるのが目的なので、
「表向き」には「WinWinの要望案」だと思われています。

しかし、その現状は、
アメリカ側が「プラス」になる要望が中心で、
日本にとってマイナスな要望が多く、
裏で「日本いじめ」と言われているほどの内容です。

自国のメリットが確実に増えるように、
貿易面、商法面、雇用面のあらゆる角度から、
無理難題な要求を提出してくるアメリカに対し、
日本は「言いなり」のように次々と実現していく。

この部分を具体的に説明すると、
かなり長くなるので今回は省きますが、、、

1980年代頃の日本の技術力・経済力の発展に、
驚異を感じていたアメリカ側が、
この「年次改革要望書」を使って、
日本を弱体化させる要望を行なってきたのは有名な話です。

日本の技術力の大きな要因となっていた、
「終身雇用制度」を弱体化させる為に、
「労働者派遣法」の導入を要求して、
正社員が激減し、非正規雇用者が激増。。。

これはあくまで氷山の一角ですが、
アメリカの権力と圧力によって、
メディアでは取り上げられない「日本いじめ」が、
裏ではガンガン行なわれてきた訳です。

これに対しての日本側は、
権力のあるアメリカの機嫌を損ねないように、
いくら理不尽な事を要求されても、
出来る限り受け入れながら接していく。

これは「両国の関係性を維持する為」には、
「しょうがない行動」だったかもしれません。

でも、この関係性によって、
日本が確実に「衰退」したのは現実です。

正社員がどんどん減り続け、
派遣や契約社員の非正規労働者が増え続け、
「結婚したくてもできない人」が急増し、
深刻な少子高齢化が悪化していく。

本来は、日本の圧倒的な技術力によって、
アメリカ以上の経済大国となり、
今のような少子高齢化が進んでいるような、
「衰退化の日本」にはなっていなかったと思います。

つまり、肝心な点としては、
今まで通りの「現状維持」の関係性だと、
アメリカの機嫌を損ねる事はないけど、
日本にはどんどん衰退していく未来が待っています。

事実、あの有名なウォルト・ディズニー氏も、
こんな格言を残しています。

↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
現状維持では、後退するばかりである。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この格言が示すように、
今までと同じ「現状維持」を選択するという行動は、
一見、無難に思えるかもしれませんが、
その裏では確実に「衰退」しているという事。

「大きな変革」を迎える時には、
何かしらのリスクは必ず発生します。

でも、そのリスクを背負わなければ、
「明るい進歩」は絶対に得られないのが現実。

だからこそ、
今回のアメリカ大統領選で勝利した、
ドナルド・トランプ大統領誕生の光景をTVで見たときは、
私の中で「期待と不安」の気持ちがぐちゃぐちゃになりました。

トランプ大統領になった事で、
今までの現状維持を大きくぶち壊して、
「明るい進歩」を得られるかもしれない。

でも、その反対の方向に進んで、
アメリカとの関係性が悪化してしまい、
アメリカが日本を守ってくれなくなり、
日本は「危険な時代」に突入するかもしれない。

これはギャンブルのように予測不能な事で、
どっちに転ぶかは私にも分かりません。

でも、今まで「言いなり」になってきた日本が、
本音をズバズバッ!!!と言って来るトランプ大統領に対して、
日本側もズバズバッ!!!と意見を言いやすくなり、
「新しい関係性」が生まれていくかもしれない。

今まで溜め込んできた大量のフラストレーションを、
日本側もズバズバッ!!!と本心で伝える事で、
日本の経済がどんどん向上していって、
「明るい進歩」を得られるかもしれない。

でも、日本が言う事を聞かなくなった事で、
アメリカが日本を守ってくれなくなり、
自国を守る軍事力の向上を余儀なくされてしまい、
国民が収める税金額がめちゃくちゃ上がるかもしれない。

どっちに転ぶかは予測不能だけど、
衰退化する日本が「逆襲」する為には、
これは「大きな変革のチャンス」だと私は思います。

「一か八かの大勝負」じゃないけど、
今の状態でどっちみち「衰退」していくなら、
この「予測不能のカード」を選んだ方が、
「衰退するだけの未来」よりはマシだと私は思います。

そしてこの「予測不能のカード」を選ぶという行動は、、、

「自分自身の人生を切り開く」という行動と、
大きく共通していると私は思っています。

私自身、8年間のサラリーマン時代には、
自分自身の将来の為に、
愛する家族を守る給料を稼ぐ為に、
イエスマン状態で上司と接していました。

100時間残業、休日出社、全員一律の評価、
昇給カットにボーナスカット・・・。

目の前で「理不尽な問題」がたくさん起こっているのに、
上司に向かって本音をぶつける事ができずに、
フラストレーションを内に溜めまくっていました。

言いたい事も我慢して言えずに、
心の中だけに溜め込んでいく日々が続き、
ストレスがどんどん溜まっていく・・・。

そのストレスの「はけ口」として、
酒やタバコを過剰摂取して体調が悪くなったり、
嫁に当たって家族の関係性が悪くなったり、
仕事以外で様々な問題を発生させていました。

そんな生活を繰り返しているうちに、
このままの状態を続けていると、
「衰退しかない」と私は感じました。

だからこそ、このままではマズイと思い、
「明るい進歩」を真剣に求め続けて、
私は「自分自身で新しい道」を切り開く為に、
脱サラして起業する挑戦を選びました。

この選択を行なった事で、
今まで毎月の給料として確保していた、
家族を養う収入がゼロになる可能性が出てきた為、
家族を路頭に迷わせるリスクがありました。

正直、不安はめちゃくちゃありましたよ。

でも、その不安の片方では、
お金の面で家族を苦しめる生活から解放されて、
家族との時間に満ち溢れた「明るい進歩」を得られるという、
大きな期待もめちゃくちゃありました。

まさに、期待と不安の両方の気持ちで、
心の中がぐちゃぐちゃになったような状態です。

どっちに転ぶかは予測不能だったけど、
衰退化する「自分自身の人生」を「逆襲」させる為には、
これは「大きな変革のチャンス」だと私は思いました。

今の状態でどっちみち「衰退」していくなら、
この「予測不能のカード」を選んだ方が、
「衰退するだけの未来」よりはマシだと私は思いました。

そして、あの「予測不能のカード」を選んだ日から、
もう4年ほどの月日が経過しましたが、、、

今の私は、サラリーマン時代に比べて、
収入面、時間面の全てにおいて、
「明るい進歩」を得られるようになっています。

あのサラリーマン当時、
手元に資金も人脈も無かった私は、
幸いにも、パソコン一台だけで一人で挑戦できる、
「Webビジネス」という優れた手段と出会いました。

その優れたビジネスに挑戦したお陰で、
「一台のパソコン」と「自分一人の力」だけで、
時間とお金に縛られない「社長」になる事ができました。

お金の面で家族を苦しめる生活から解放されて、
家族との時間に満ち溢れた「明るい進歩」を、
あの頃よりも比べ物にならないレベルで得られています。

あの日、あの時、何のリスクも取らずに、
「無難」に「現状維持のカード」を選んでいたら、
今の「明るい進歩」は得られなかったと思います。

そう考えると、
パソコン一台だけで一人で挑戦できる、
「Webビジネス」という優れた手段がある今の時代は、
めちゃくちゃ最高だと私は思います。

資金も人脈も無い平凡な会社員でも、
「一台のパソコン」と「自分一人の力」だけで、
時間とお金に縛られない「社長」になれて、
人生を「一発逆転」させる事ができる!

こんな「明るい進歩」を手にする為に、
銀行から資金を借り入れる事もなく、
平凡な個人が無借金で「新しい挑戦」ができる!

そう考えると・・・

一昔前の時代では絶対にあり得なかった、
誰でも一人で「新しい挑戦」ができるWebビジネスこそ、
個人が「明るい進歩」を得れる「最強の手段」だと思います。

サイン

「追伸」
先日、Webビジネスで大成功されている社長さん達と一緒に、
那覇の素敵なお寿司屋に飲みに行ってきました。

最高のメンバーに最高のトーク、そして最高の逸品で、
めちゃくちゃクールで楽しい夜になりました!

那覇のお寿司屋1

那覇のお寿司屋2

那覇のお寿司屋3

あのサラリーマン時代に「何のリスク」も取らずに、
「無難」に「現状維持のカード」を選んでいたら、
この最高のメンバーに最高のトーク、そして最高の逸品とは、
「一生無縁の人生」を送っていたと本気で思います。。。

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

トップページに戻る