副業で大金を手に入れて社長になった元貧乏サラリーマンの成功法

ホーム » Web集客 » 

シャネルのデザイナーから学ぶ「永遠不滅の集客法」

2015年3月4日 Web集客

Pocket

こんにちは、中村洸一です。

(@国際通りのスターバックスより・・・)

2ヶ月くらい前、

長男こうき(9歳)の授業参観に、

一人で行った時のこと。

その日は、

税理士さんとの打ち合せ終わりで向かった為、

授業開始から10分くらい遅れて、

こうき(9歳)の教室に着いた。

そしたら、、、

授業中にも関わらず、

なぜか、こんな事が起こった。。。

■おっ、こうきのお父さんだ~!

■仕事、何してるの~?ユーチューバー?

■身長デカイね!何センチ~?

■この前、TSUTAYAいた~?

■わさビーフ食べれる~?

ご覧の通り、

ただ教室の外にソォ~っと着いただけなのに、

こうき(9歳)のクラスメイトたちから、

かなりイジられまくっている。。。

そして最も“一大事”なのが、

このイジられている状態で、

授業中の教室の中に、

入らなければいけないという事。

当然の事ながら、

これだけイジられている訳なので、

他の子供の親も全員、私を見ている。

ここで“一ボケ”かまして、

ドッカ~ん!と教室中の大笑いを取り、

カッコ良い感じで、

スタイリッシュに教室に入りたい。

が、しかし・・・

万が一、スベッたとしたら、

他の親からの視線がかなりキツいし、

あと1時間近くも、

この空気の中で過ごさなければいけない。。。

そう頭の中で試行錯誤した結果、

私は、こんな“一ボケ”をかましてみた。

どうも!ユーチューバーです!

わさビーフ大好きです!

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・

ワオ~!!!!

微妙に15点くらいの反応!

これはスベッてしまった感じ・・・(泣)

私はこの残酷な状況の中、

シュールな表情をしながら教室に入った。

右隣にいた、

クラスメイトのお母さんの顔を、

こっそりチラ見してみると、

我慢しているかのような苦笑いしている。。。

いやいや、キツいって~!

せめて、もうちょっと笑って~!

担任の先生の顔を見ると、

「こんにちは!」的な感じで、

私に大きな笑みを浮かべていた。

そして、

主役のこうき(9歳)の顔は、

かなり爆笑していた。

とりあえず、一旦ホッとした。。。

そして授業も終わり、

休み時間に入ると、

大勢のクラスメイトに囲まれ、

質問攻めにあった。。。

短い間だったが、

こうき(9歳)やクラスメイトたちと、

めちゃくちゃ楽しい時間を過ごせた。

このように、

普通の人なら何も起こらないような、

ただの小学校の授業参観でも、

えらい事態になってしまいました(苦笑)

ただ、これって、

実はかなり美味しい事なんですよ。

確実に「爪痕」を残せているから。

登場しただけで、

なぜかイジってもらい、

注目を一気に集める。。。

これは特に、

ビジネス系のセミナーや懇親会などでは、

かなり有り難い事です。

実際問題、私自身も、

ビジネス系のセミナーや、

懇親会などに参加すると、

毎回、ほぼ確実に爪痕を残せています。

■仕事、何されてるんですか~?

■イカしたファッションですね!

■凄い個性的ですね!

などなど、、、。

こんな感じで、

こちらからアクションを起こさなくても、

相手からクリックされる事って、

本当に多いんです。

このように、

第一印象で相手に爪痕を残せると、

名刺交換をした後に、

後日、連絡を取る時などには、、、

爪痕が残っている方が、

相手にも印象を残せている訳なので、

その後のコミュニケーションが、

確実に円滑になります。

恐らくですが、、、

今回の授業参観でイジられた原因や、

ビジネス系のセミナーや懇親会などで、

相手に爪痕を残せている原因は、、、

第一印象の段階で、

相手に「他人との差」を、

感じさせているからだと私は思います。

見た目のファッションや雰囲気だけで、

他の人たちとの違いを感じる。

だからこそ、

イジってもらえたり、

注目を集める事ができる訳です。

つまり、、、

数あるヤフートピックスの中から、

思わずクリックしてしまうような、

“個性的な存在”になれる訳です。

「平凡」である事。

「無難」である事。

「退屈」である事。

これは私のポリシーに違反していて、

絶対にやってはいけない“三原則の罪”です。

相手の印象に何も残らないなら、

存在しなかったのと一緒です。

あの世界的に有名なデザイナーである、

ココ・シャネルもこう言っております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。

でもそれが私の成功の鍵。

みんなと同じ格好をしなかったからよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人と同じ事をしない。

たったこれだけを意識するだけで、

あなたは他人から思わずクリックされて、

「たくさんの集客」ができるような、

“個性的な人間”になる事ができます。

あなたは最近、

他人にクリックされていますか?

中村洸一

Pocket

Amazon1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金持ちへの挑戦

著者プロフィール

1983年沖縄生まれ、沖縄育ち、沖縄在住。 株式会社NKcreative 代表取締役社長。

パソコン一台だけで“ファンタスティックな革命”を起こし、「週休4日の自由な社長」のライフスタイルを提案する、沖縄のイクメンWebエージェント。

20代前半の頃にTVで放送されていた、「マネーの虎」というリアリティ番組にハマり、当時の番組に出演していた数々の社長達の姿に憧れ続け、「いつか自分も社長になりたい!」という強い野心を持つ。

その後「将来への夢と希望」を失った、 「低収入」+「残業100時間超え」+「年昇給ほぼ0円」という、 貧乏サラリーマンの生活を8年間に渡って苦しみ続けた中、 パソコン一台だけで実践できる「奇跡のビジネス」と出会う。

「資金・人脈・知識の全てがゼロ」の状態から、 パソコン一台だけを使った「孤独な挑戦」だったにも関わらず、 本業の会社に知られる事なく「副業収入」を着実に増やし続け、 チャレンジ開始わずか8ヶ月という短期間で、 念願だった「脱サラ」+「自分の会社設立」を果たす。

「時間的・資金的・精神的にも大変そうに感じる・・・」という、 一般的なイメージのある社長業のスタイルとは大きくかけ離れた、 個人が無借金で「たった一台のパソコンだけ」で実現できる、 「週休4日の自由なライフスタイル」を自らの社長信念に掲げる。

その信念の元、日々一台のパソコンだけで、 月100万円以上の収入(利益)を安定的に伸ばし続けながら、 「大好きな家族や友人」と過ごす大切な時間を常に優先する、 時間とお金に縛られない「新感覚のラフな社長スタイル」を確立。

プライベートでは、 小学校に通う息子二人の育児にも積極的に参加し、 春夏秋冬に行なわれる学校行事に毎回欠かさずに出席しながら、 息子二人へのイクメン業にも全力で取り組み中。

資金・人脈・知識の全てがゼロの状態からでも、 パソコン一台だけを使って「週休4日の自由な社長」という、 ファンタスティックなライフスタイルを実現する、 新たな個人を世に輩出する為、 ブログやメールマガジンを中心にビジネスノウハウを発信中。

コメント

記事にコメントをください

毎日必ずコメントを確認しておりますので、
良いコメントを頂けるとモチベーションがアップしています。

お名前(必須)
ニックネームや苗字だけでもOK

コメント

  1. 望月達雄 より:

    他人と同じではない、誰にも似ていない、個性的である…。
    とても重要なことだと思います。

    みんなと違う、印象に残るメルマガやブログを書けたらと
    いつも思っています。

トップページに戻る